ホーム > スタッフブログ > 哺乳類の記事一覧

スタッフブログ

哺乳類の記事一覧

 

濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年ウィーク

管理者(2017年05月24日)|カテゴリ:イベント

昨日から「濤沸湖水鳥・湿地センター開館5周年ウィーク」が始まりました。

館内では開館5周年を記念して、当センターに関するクイズを出題しています。

回答された方全員に記念のオリジナルバッチをお渡しします。

是非チャレンジしてみてください。

 

s-P5243875.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も頻繁にオジロワシ、タンチョウが見られました。

 

 

s-IMG_7752.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オジロワシ)

 

 

s-IMG_7703 .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(キョウジョシギ)

 

 

s-IMG_7693.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ヒドリガモ)

 

 

<確認した野鳥>

オジロワシ、カッコウ、キビタキ、ヤブサメ、アオジ、オオジシギ、ベニマシコ、

アカゲラ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、キンクロハジロ、

スズガモ、カワアイサ、カワラヒワ、タンチョウ、キアシシギ、キョウジョシギ、

トビ、ハシボソガラス、

<その他>

センターの展望室からエゾシカ3頭

 

 
 

5月14日~18日の様子

管理者(2017年05月18日)|カテゴリ:哺乳類

 

s-キタキツネIMG_7290.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14日、キタキツネがポニー放牧場で餌探しの様子。

 

 

 

 

s-オジロワシ、トウネン、ハマシギIMG_7314 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16日 オジロワシが水面で魚を捕らえて干潟で食べ始めたところ、

ハマシギ、トウネンが飛翔。

オジロワシはセンターから5羽、トウネン170羽以上を確認しました。

 

 

 

 

s-キアシシギ 貝採餌IMG_7360 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17日、キアシシギのくちばしが長いと思ってよく見ると、貝を

くわえていました。

 

 

 

s-スズガモIMG_7375.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17日 スズガモがセンターのすぐ近くを泳いでいく様子。

 

 

 

 

s-斜里岳、アオサギIMG_7403.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17日、アオサギが斜里岳をバックに飛ぶ姿が美しく、シャッターを

切りました。

 

 

 

s-IMG_7427.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18日 トウネン、キアシシギ飛翔の様子。

 

 

シギ・チドリの羽数が増えてきました。

キアシシギ、ハマシギ、トウネン、メダイチドリ、ダイゼンなどが

見られています。

タンチョウはセンターの対岸に度々姿を見せてくれています。

センター来館の際は、望遠鏡で探してみてくださいね。

 

(A)

 

 

 

 
 

湖岸にヒグマ

管理者(2017年04月23日)|カテゴリ:哺乳類

4月23日(日)、野鳥の会オホーツク支部の探鳥会が濤沸湖で行われました。

探鳥会開始から約一時間後「クマがいる!」との知らせを受けて白鳥公園に走りました。

望遠鏡を見せてもらうと、白鳥公園から約1㎞離れた湖岸(ワシ類がよく止まるポプラの

大木付近の湖岸)をヒグマが歩いていました。

ヒグマはゆったりと湖岸を歩き、間もなくヨシ原に消えていきました。

湖岸を歩くヒグマを見る機会は少なく、とても貴重な時間でした。

DSC_5760.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月21日(金)9時半頃、字実豊の道道明生北浜線沿いの畑に熊が出没したとの情報がありました。

同個体かどうかは不明です。

市役所、猟友会等による巡回を行い警戒を強めてはいますが、周辺を通行する際は、

鈴などでクマに自分の存在を知らせ、ばったり出会わないようにしましょう。

万が一、クマに出会ってしまったら。落ち着いてゆっくりその場を離れてください。

大声を出す、走る、近距離で撮影は大変危険です。

 

出没情報はセンター館内に掲示していますので、自然観察の前にご確認ください。

 
 

わずかな湖面に

管理者(2017年03月15日)|カテゴリ:鳥類

白鳥公園の海側の湖面がわずかにとけて、ホオジロガモ、カワアイサ、

オオセグロカモメが見られています。

距離が近いので、驚かさないよう静かに観察しましょう。

 

s-IMG_4108 .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12日に展望牧舎付近でヒシクイ80+羽を確認しました。

 

<12日~15日に確認した生きもの>

オジロワシ、ヒシクイ、オオハクチョウ、マガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、

オオセグロカモメ、トビ、ツグミ、ヒヨドリ、マヒワ、シジュウカラ、スズメ、

キクイタダキ、ヤマゲラ、キバシリ、アカゲラ、オオアカゲラ、タンチョウ、

ドバト、ハシボシガラス、キタキツネ

 

(A)

 

 
 

3月10日平和橋の様子

管理者(2017年03月10日)|カテゴリ:鳥類

s-IMG_3052.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


湖面が少し広がりました。

雪面にキタキツネの足跡が縦横無尽についています。


s-s-IMG_3037 .jpg











(オジロワシ)


浦士別川河口付近の氷が解けて、カモ類が増えてきました。

ミコアイサが渡ってきています。


s-IMG_3028.jpg











(オオワシ、カワアイサ、ミコアイサ、ホオジロガモ)


画像には写っていませんが、オオハクチョウ、キタキツネの姿もありました。



s-IMG_3067.jpg











(キタキツネ)


平和橋だけでなく、あちらこちらでキタキツネの姿をみかけました。


(A)




 

 
 

キタキツネがうろうろ

管理者(2017年02月15日)|カテゴリ:鳥類

午前中はキタキツネの姿が頻繁に見えました。

 

s-IMG_3468.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(氷上を走るキタキツネ)

 

 

 

 

 

s-IMG_3478.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(キタキツネを警戒するオオハクチョウ)

 

 

 

 

 

s-IMG_3487.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(キタキツネが去り、安心するオオハクチョウ)

 

 

 

 

<今日確認した生きもの>

オオハクチョウ、マガモ、カワアイサ、ホオジロガモ、オオセグロカモメ、

キタキツネ

 

オオハクチョウはセンターから77羽をカウントしました。

 

 
 

北浜海岸から流氷

管理者(2017年02月01日)|カテゴリ:気象

北浜海岸では朝から流氷が見えています。

s-IMG_0652.jpg










(12時50分頃撮影)


昨日8時過ぎに双眼鏡で沖に見えた白い筋は沿岸から離れた氷と思っていましたが、

海氷情報センターの流氷速報を見たところ、流氷本体だったようです。

明日は北北西の風が吹くようですから、もっと岸に近づいてくれれば良いですね・・・。


海の波が弱まり、濤沸湖は再び結氷が進みました。

s-P2011704.jpg












オオハクチョウはセンターから近くに5羽程度しか見えていませんが、ライブカメラなども

使ってカウントしたところ、111羽を数えました。

s-IMG_3024 .jpg











<確認した生きもの>

オオハクチョウ、オオワシ、ホオジロガモ、カワアイサ、マガモ、オオセグロカモメ、

ハシボソガラス、キタキツネ


(A)


 

 
 

網走流氷初日

管理者(2017年01月31日)|カテゴリ:気象

網走地方気象台では本日7時30分、平年より10日遅く、昨年より3日遅い流氷初日を

観測しました。統計開始以来、5番目に遅い流氷初日だそうです。

風向きによっては、近日中に北浜の海岸からも見えるでしょう。


流氷観光、当センターへお越しの際は「流氷物語号」を是非ご利用ください。

流氷ノロッコ号の後継列車で1月28日から2月28日まで釧網線の網走―知床斜里間を

運行します。

s-P1281681.jpg











s-P1281685.jpg












下の画像は今日の一コマです。

オオワシ、ハシボソガラスが何かの残りかすらしきものをついばんでいると後からキタキツネが

やってきました。

オオワシが移動しようと飛び立った時、キタキツネが身構えた様子です。

s-IMG_2971 .jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

(A)

 
 

エゾユキウサギ

管理者(2017年01月22日)|カテゴリ:鳥類

あちらこちらで縦横無尽に歩いたキタキツネの足跡をみかけます。

今朝はセンターの玄関前にも足跡がありました。

s-P1201648.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(平和橋)

 

 

s-キタキツネIMG_0201.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(原生花園を歩くキタキツネ)

 

 

エゾユキウサギの足跡を見ますが、なかなか姿は見られません。

もしかしたら、どこからかこちらを見ているかもしれませんね。


s-エゾユキウサギ足跡P1201627.jpg


 

 

 

 

 

 

 

(エゾユキウサギ足跡)

 

 

<今日確認した生きもの>

オオワシ、オオハクチョウ、ホオジロガモ、マガモ、カワアイサ、ウミアイサ、

ハシボソガラス、カモメ、キタキツネ

 

 
 

キタキツネ

管理者(2017年01月18日)|カテゴリ:哺乳類

繁殖期であるこの時期は、キタキツネの姿がよく見られます。

昨日はセンターの対岸にキタキツネを発見しました。

途中立ち止まり、雪を掘って何かを探しているようでしたが、

その後丸くなって3時間以上寝ていました。

画像左寄りの黄色い塊です。

右奥にもキタキツネが歩いていました。

s-IMG_1773 .jpg











<今日確認した野鳥>

オオハクチョウ(近い範囲では24羽)、オオワシ、オジロワシ、マガモ、

キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、シノリガモ、ハシボソガラス、

カモメ、オオセグロカモメ

s-IMG_1819.jpg








(ホオジロガモ)



s-IMG_1786.jpg








(マガモ)


 

s-シノリガモIMG_1755 .jpg







(シノリガモ)




(A)

 

月別アーカイブ