ホーム > スタッフブログ > 昆虫類の記事一覧

スタッフブログ

昆虫類の記事一覧

 

【報告】センター講座「昆虫採集してみよう」

管理者(2018年08月18日)|カテゴリ:活動報告

8月11日、小清水町在住の川原 進さんを講師に迎え、センター講座「昆虫採集

してみよう」を行いました。当日は雨の予報でしたが、青空がのぞく天気となり

野外活動が行えました。

 

バスの窓からオジロワシやハマナスなどを観察しながら原生花園の東側へ移動し、

採集を行いました。

 

s-P8110402.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は採集した虫を網から虫かごに入れることにも苦戦していましたが、

昆虫の見つけ方もわかってきて、段々上達していきました。

s-P8110018.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-P8110413.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センターに戻り、講師が長年採集してきた昆虫の標本を観察しました。

大人もその種類の多さに驚き、目を見張っていました。

s-P8110028 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各自、採集した昆虫の名前を講師から教えてもらった後、『昆虫〇×クイズ』

を行い、昆虫の生態や人とのつながりなどを学びました。

s-P8110038.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の質問コーナーでは『昆虫〇×クイズ』に関すること、講師の標本に関する

ことなど多くの手が上がり、子ども達の昆虫に対する関心が更に深まったことを

感じました。

 

採集した昆虫

ヒザクロナキイナゴ、エゾスジグロシロチョウ、ヒナバッタ、ジャノメチョウ、

ヒメクサキリ、アオイトトンボ、ヒメコガネ、ミヤマクワガタ、ヒメギス、

マメコガネ、サシガメ、コエゾゼミ(抜け殻)など

 

(A)

 
 

小清水原生花園

管理者(2018年08月03日)|カテゴリ:植物

小清水原生花園では、夏の後半を彩る植物が見頃です。

 

s-エゾカワラナデシコP7310629.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾカワラナデシコ)

 

 

s-ナミキソウP7310622.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ナミキソウ)

 

 

s-カセンソウP7310651.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(カセンソウ)

 

 

s-キタノコギリソウP7310592.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(キタノコギリソウ)

 

 

s-タチギボウシP7310710.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(タチギボウシ)

 

 

s-ツリガネニンジンIMG_1602.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ツリガネニンジン)

 

画像の花の他、エゾフウロ、ヒロハクサフジ、クサフジ、ハマニガナ、ヒルガオ、

アキカラマツ、ヤナギタンポポなど咲いています。

画像はすべて7月31日に撮影したものです。

 

6月~7月は雨が多く、7月下旬から猛暑となり、最高気温が30度を超える日が

続きました。昆虫は一斉に活動をはじめ、アゲハチョウ、マルハナバチ、ハナアブ

などの仲間が花の周りを飛び回っています。

 

s-IMG_1436.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(藻琴山)

 

 

(A)

 
 

6月19~20日 シロオビヒメヒカゲ、トビ他

管理者(2018年06月21日)|カテゴリ:昆虫類

 

s-IMG_7798.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(トビ)

 

シロオビベニヒカゲIMG_7662.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(シロオビヒメヒカゲ)

 

<6月19~20日 濤沸湖で確認した生きもの>

オカヨシガモ、マガモ、カワアイサ、カワウ、アオサギ、タンチョウ、

コチドリ、トビ、オオセグロカモメ、シマセンニュウ、コヨシキリ、

コムクドリ、ノビタキ、ハクセキレイ、ホウアカ

エゾハルゼミ、シロオビヒメヒカゲ、ベニシジミ

 

(F)

 
 

6月5日 マキノセンニュウ、センダイハギ、エゾキスゲなど

管理者(2018年06月09日)|カテゴリ:植物

マキノセンニュウの「ジジジ・・・」というさえずりが、草原のあちらこちらから

聞こえてきます。

シマセンニュウの声も聞こえますが、例年より少ないように感じます。

s-DSCN4284 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ホオアカ)

 

 

エゾニワトコは例年より沢山の花を咲かせています。

s-エゾニワトコDSCN4225.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾニワトコ)

 

 

センダイハギが次々と咲き始めています。

画像は第一駐車場付近です。

s-P6051192.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(センダイハギ)

 

 

エゾキスゲやハマナスの花がちらほらと咲き始めました。

s-エゾキスゲP6051184.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾキスゲ)

 

 

s-ハマナスP6051153.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ハマナス)

 

 

<原生花園での確認種>

オオジシギ、ノビタキ、ノゴマ、コヨシキリ、マキノセンニュウ、シマセンニュウ、

ホオアカ、オカヨシガモ、キジバト、タンチョウ、オジロワシ

スミレ、ハマエンドウ、エゾタンポポ、ヒメイズイ、エゾノシシウド、クロユリ、

オオヤマフスマ、センダイハギ

アカスジカメムシ

<センター周辺での確認種>

オジロワシ、ホオアカ、ハシボソガラス、トビ、ムクドリコムクドリ、カワラヒワ、

ニュウナイスズメ、アカゲラ、オオジュリン、コヨシキリ、ホウロクシギ、ノビタキ、

タンチョウ、チュウシャクシギ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ハクセキレイ、

エゾハルゼミ

 

(A)

 
 

5月30日 エゾハルゼミ鳴く

管理者(2018年05月31日)|カテゴリ:昆虫類

朝、センターの玄関前で丸万川河口方面から、エゾハルゼミの声が聞こえました。

初夏の訪れを感じさせますね。

s-DSCN0720.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾハルゼミ 過去画像)

 

 
 

5月30日 小清水原生花園

管理者(2018年05月30日)|カテゴリ:植物

 

原生花園一面が緑色になりました。

s-原生花園遊歩道P5300678.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(遊歩道)

 

 

遊歩道沿いにエゾタンポポ、スミレ、ハマハタザオなどが見頃です。

 

s-エゾタンポポP5300725.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(遊歩道)

 

 

s-エゾタンポポ 実P5300727.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾタンポポ)

 

 

エゾノコリンゴ、クロユリが咲き始めています。

 

s-エゾノコリンゴP5300760.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾノコリンゴ)

 

 

s-ホオアカDSCN4166 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(ホオアカ)

 

 

s-キアゲハDSCN4148.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(キアゲハ)

 

 

<原生花園 確認種>

鳥類

カワラヒワ、ノビタキ、ベニマシコ、ホオアカ、ウグイス、コヨシキリ、

ノゴマ、オオジシギ、カッコウ、ハシブトガラス、キジバト、アオサギ、

ハシビロガモ、オカヨシガモ、センダイムシクイ、ヒバリ、タンチョウ

開花植物

クロユリ、ハマハタザオ、ツルキジムシロ、エゾタンポポ、セイヨウタンポポ、

スミレ、エゾノコリンゴ

昆虫類

キアゲハ他アゲハチョウ科、オビカレハ(幼虫)

(A)

 
 

5月23日 オオバナノエンレイソウ、サカハチチョウなど

管理者(2018年05月25日)|カテゴリ:植物

新緑が、美しい季節です。

s-P5230528.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湖畔では、オオバナノエンレイソウの花がまだ見ごろです。

普通、花弁は3枚ですが、4枚のものを2個体見つけました。

s-オオバナノエンレイソウIMG_0098 .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(オオバナノエンレイソウ)

 

 

気温が高い日は、チョウやマルハナバチの姿をよく見かけます。

s-IMG_0067 - コピー - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(セイヨウタンポポ、サカハチチョウ)

 

 

センターでは、レンタサイクルの貸し出しを行っています。

車の利用では気づかない自然がたくさんあります。

是非、ご利用ください。

(A)

 
 

3月31日、4月1日 クジャクチョウ、タンチョウ

管理者(2018年04月05日)|カテゴリ:昆虫類

s-P4163218 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月31日 センターから双眼鏡で湖を観察していると、ひらひらと視界の端で飛ぶものが。

クジャクチョウが木道付近の地面でじっとしていてくれたので、羽の面白い模様を

よく観察する事が出来ました。

(※画像は過去のものです。)

 

s-タンチョウIMG_2838 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月1日

センター前の干潟にタンチョウとアオサギ。

1羽のタンチョウは羽づくろいをしていました。

 

<3月31~4月1日 センター前で確認した生き物>

ヒシクイ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、

コガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、アオサギ、タンチョウ、

ユリカモメ、カモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、

スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、クジャクチョウ

(F)

 
 

ヒシクイ、クロツラヘラサギなど

管理者(2017年09月15日)|カテゴリ:鳥類

今日、センターから見える草地にヒシクイ約250羽を確認しました。

 

s-IMG_3614.jpg

 

 

 

 

 

 

(ヒシクイ、カモ類 )

 

 

s-IMG_3632.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(センター展望室からの様子)

 

 

クロツラヘラサギ、ダイサギ、アオサギが何かを話しているような雰囲気

でした。

s-IMG_3575.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(左からクロツラヘラサギ、ダイサギ、アオサギ)

 

 

今朝一番の来館者はクジャクチョウでした。

s-クジャクチョウIMG_3574.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(クジャクチョウ)

 

 

画像は全て9月14日

 

<9月14日~15日、センター周辺から確認した野鳥>

オグロシギ、アオアシシギ、マガモ、ユリカモメ、カワウ、カワアイサ、ヒシクイ、

オバシギ、オオソリハシシギ、クロツラヘラサギ、カルガモ、コオバシギ、カワセミ、

コガモ、オナガガモ、オジロワシ、タンチョウ、ダイサギ、スズガモ、オオセグロカモメ、

トビ

 

(A)

 
 

シギ・チドリ ※5/7に訂正あり

管理者(2017年05月05日)|カテゴリ:鳥類

※5/5に確認したタシギはオオジシギでした。訂正してお詫び致します。

誤 タシギ → 正 オオジシギ

 

一昨日の気温は22度、昨日は26度、今日も20度近くまで気温が上がったようです。

あちらこちらでセイヨウタンポポが咲きだしました。

カモ類は減少し、シギ・チドリの姿が増え、今日は昼頃にセンターからトウネン5羽、

ハマシギ3羽、コチドリ1羽、メダイチドリ3羽、キアシシギ2羽、オオジシギ1羽を確認しました。

 

来館者の方に、木道下の端にシギがいますよと教えていただきました。

s-タシギIMG_6989.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(オオジシギ)

 

 

 

 

歩いてセンター前の水場で水浴び。

s-タシギ 水浴びIMG_6998.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、水浴び中近くに降りてきたカワラバトに驚いて飛んでしまいました。

こんなに近くで見ることが出来て感激でした。

 

 

s-IMG_7019.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(メダイチドリ)

 

 

 

 

確認種

【鳥類】ノビタキ、ハクセキレイ、トビ、カモメ、ユリカモメ、タンチョウ、

コチドリ、スズガモ、トウネン、ハマシギ、キアシシギ、オオハクチョウ、

カワラバト、オオジシギ、メダイチドリ、シロカモメ、オカヨシガモ、オジロワシ、

ヒドリガモ、オナガガモ、ハシボソガラス、ウミアイサ、アオジ、アオサギ、ハシビロガモ

 

 

月別アーカイブ