ホーム > スタッフブログ > 鳥類の記事一覧

スタッフブログ

鳥類の記事一覧

 

12月13日~14日 カワアイサ、オオハクチョウ、タンチョウなど

管理者(2017年12月14日)|カテゴリ:鳥類

12月13日

お昼頃、カワアイサ50羽、ユリカモメ30羽ほどの群れが、センター付近に

集まってきました。センター内から肉眼でわかる距離でした。

 

s-カワアイサ群れIMG_7262 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(カワアイサ)

 

 

s-ユリカモメIMG_7307.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ユリカモメ)

 

 

12月14日

8日は画像のタンチョウ含め6羽を確認しました。4羽(ペア2組)は氷上で集まり、

しばらく休んでいましたが、観察中に南へ飛翔しました。9日からは2羽しか見えず、

4羽は給餌場へ飛んで行ったのかもしれません。

 

s-タンチョウIMG_7119.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(タンチョウ、10日撮影)

 

 

センターに近い場所でオオハクチョウが見られています。

画像は幼鳥5羽連れの家族です。

 

s-オオハクチョウPC140327 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オオハクチョウ 画像には幼鳥4羽)

 

 

※オオハクチョウなどの水鳥に餌やりはできません。

高病原性鳥インフルエンザ予防のためにもご協力をお願いします。

 

(A)

 

 
 

2017年12月9日の様子

管理者(2017年12月09日)|カテゴリ:鳥類

今朝の斜里岳は雲がかかっていましたが、

午後には雲が流れ、とても綺麗でした。

s-IMG_7003.jpgs-IMG_6991.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(斜里岳とオオハクチョウ)

 

s-IMG_6813.jpgs-IMG_6943.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左 湖中央寄りにいるハクチョウ、右 カワアイサ)

 

s-IMG_6948.jpgs-IMG_7006.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左 ホオジロガモ、右 オジロワシ)

 

s-オオワシIMG_7051.jpgs-IMG_7086.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左 オオワシ、右 何かをついばむオオワシとハシブトガラス)

 

<12月9日 センター周辺で確認した野鳥>

オオハクチョウ、マガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、

カワアイサ、タンチョウ、カモメ、オオセグロカモメ、

オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、

ヒヨドリ

 

(F)

 
 

樹上のワシ

管理者(2017年12月08日)|カテゴリ:鳥類

樹上にオジロワシやオオワシがとまっているのを、よく見かけます。

センターの駐車場周辺の樹にもとまるようになりました。

ワシを観察したい方はセンター周辺や、

国道沿いの電柱上を注目してみると良いですよ。

s-IMG_6886.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オオワシ)

 

s-IMG_6890.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左の上下 オオワシ、右下 オジロワシ)

 

(F)

 
 

12月2日 コミミズク飛来

管理者(2017年12月03日)|カテゴリ:鳥類

12月2日 第一駐車場 コミミズク 1羽 の情報をTFC会員さんからいただきました。

今年は何羽見られるでしょうか?

 

s-コミミズクP1020012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(過去画像 TFC会員さん提供)

 

 

(A)

 
 

白鳥公園近くで

管理者(2017年12月03日)|カテゴリ:鳥類

濤沸湖の大部分が凍結してきました。

氷のない白鳥公園周辺に、オオハクチョウなどの水鳥が観察できます。

タイミングにより、羽づくろいや採餌している姿をとても近くで見ることができます。

s-IMG_6714.jpgs-IMG_6734.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6701.jpgs-オオハクチョウ 採餌IMG_6721.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が湖岸に行くと、すぐに近寄ってくるオオハクチョウが1羽いました。

以前、エサをもらった事のある個体なのでしょうか?

野鳥のためにも餌付けなどはせずに、優しく見守りましょうね。

s-IMG_6687.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹上にとまっているオジロワシやオオワシは、

センター館内に設置している双眼鏡、望遠鏡でも見ることができます。

入場は無料ですので、お気軽にお立ち寄りください。

 

12月2日 センター前~丸万川周辺で確認された野鳥

オオハクチョウ494羽(センターから東側の湖面に多い)、

マガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、

オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、

コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、シマエナガ、キレンジャク

(F)

 
 

野鳥情報2017年10月

管理者(2017年11月26日)|カテゴリ:鳥類

2017年10月1日~31日に確認した野鳥は以下の通りです。

ヒシクイ、マガン、ハクガン、シジュウカラガン、

オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、

マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、

キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、

カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、アオバト、

カワラバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、クロツラヘラサギ、

タンチョウ、オオバン、ムナグロ、ダイゼン、ミヤコドリ、

オグロシギ、オオソリハシシギ、ツルシギ、コアオアシシギ、

アオアシシギ、ソリハシシギ、オバシギ、コオバシギ、トウネン、

ハマシギ、エリマキシギ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、

ワシカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、アジサシ、トビ、

オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、ノスリ、アカゲラ、チョウゲンボウ、

ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒヨドリ、メジロ、

ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ

※クロツラヘラサギをセンターで確認したのは10月19日が最後でした。

s-オオワシ・オジロワシ 藻琴湖IMG_0462 .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オジロワシ、オオワシ)

※情報提供いただいた皆様、ありがとうございました。

(F)

 
 

11月23日まなび塾フェスティバル、オオハクチョウ他

管理者(2017年11月23日)|カテゴリ:環境学習

本日11月23日(木)、網走市のエコーセンター2000で生涯学習の体験型

イベント「あばしり まなび塾フェスティバル」が開催されています。

今年も濤沸湖水鳥・湿地センター&濤沸湖ファンクラブが3階学習室Aで

出展しています。

s-IMGP1075.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(昨年の様子)

 

 

クイズに回答した方にはもれなくバッチを差し上げます。

終了時間は15時30分ですので、あと数時間ですが、是非お立ち寄り

ください。

 

センターでは館内からオオハクチョウが間近に見えています。

時々水を飲みにやって来るオオハクチョウは、来館者の注目の的です。

s-DSCN2417.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の確認では、センターからオオハクチョウは約350羽、近いところには36羽

でした。

 

<11月23日 センター周辺の野鳥>

カワアイサ、オオハクチョウ、タンチョウ、ホオジロガモ、マガモ、オナガガモ、

スズガモ、ハシボソガラス、ユリカモメ、カモメ、オジロワシ、トビ、ヒヨドリ、

オジロワシ、オオワシ、ミコアイサ

 

(A)

 
 

カワアイサの追い込み漁

管理者(2017年11月19日)|カテゴリ:鳥類

昨日、11月18日の午後、センター周辺でカワアイサが追い込み漁をしていました!

窓を少し開けると、館内にいても水しぶきの音が聞こえるぐらいの大群で、

とても迫力がありました。カモメ類も湖上を飛び交い、魚を狙っていました。

 

TFC(濤沸湖ファンクラブ)会員さんからの情報で、

今朝、カワアイサの群れが平和橋から第一パーキングへと移動しながら、

採餌していたそうです。

 

s-カワアイサ追い込み漁IMG_6314.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-カワアイサ追い込み漁IMG_6309.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(カワアイサ)

 

s-IMG_6208.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オオワシ)

 

s-斜里岳+飛んでるタンチョウIMG_6245.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(タンチョウ)

 

s-IMG_6230.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オオハクチョウ)

 

s-IMG_6220.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ユリカモメ、ウミネコ)

 

11月18日センター周辺で確認した野鳥

オオハクチョウ、マガモ、オナガガモ、スズガモ、ホオジロガモ、

カワアイサ、タンチョウ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、シロカモメ、

オオセグロカモメ、トビ、オオワシ

 

(F)

 
 

11月16日 ハクチョウ類カウント調査

管理者(2017年11月16日)|カテゴリ:活動報告

今年3回目のハクチョウ類カウント調査はTFC会員、日本野鳥の会オホーツク支部、

オホーツク総合振興局、小清水観光協会の皆様にご協力をいただき、総勢11名で行いました。

結果は先週よりも121羽多い、642羽をカウントしました。

 

s-P1090133.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(調査打ち合わせの様子)

 

 

今回は藻琴湖とその周辺も同時にカウントし、藻琴湖は88羽、その周辺では183羽を

確認しました。

 

 

(A)

 
 

オオハクチョウ

管理者(2017年11月12日)|カテゴリ:鳥類

オオハクチョウの親子が草地まで上がってきました。

水飲みなどをしばらくした後は、湖に戻っていきました。

そのあとも何度も上がっては、水を飲んで湖面に戻るというのを繰り返していました。

 

タイミングが合えば、白鳥公園から近くで観察できます。

エサをあげようとしたり、触ろうとせずに優しく見守ってあげてくださいね。

 

s-IMG_5903.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(センター前の水場で羽づくろい)

 

 

s-オオハクチョウ親子 採餌IMG_5942.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(親子そろって食事)

 

 

s-IMG_6100.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(木道近くまで来て、水を飲んでいます)

 

 

s-IMG_6024.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(親が子どもたちに「湖面に行くよ~」と、言っているかのように見えます)

 

(F)

 

月別アーカイブ