ホーム > スタッフブログ > 植物の記事一覧

スタッフブログ

植物の記事一覧

 

湖畔の植物

管理者(2017年04月26日)|カテゴリ:植物

湖畔ではミズバショウの花が見頃を迎えました。

花のピークはゴールデンウィークの前半まででしょうか。

s-ミズバショウIMG_4676.jpgs-ミズバショウIMG_4665.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ、エゾエンゴサク、アキタブキなどの花が目立っています。

キタミフクジュソウは実になってきました。

(アキタブキ)

s-アキタブキP4253306.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾエンゴサク)

s-エゾエンゴサクP4253278.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(アズマイチゲ)

s-アズマイチゲ4253291.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(キタミフクジュソウ)

s-キタミフクジュソウP4253299.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(A)

 
 

ミズバショウ

管理者(2017年04月14日)|カテゴリ:植物

湖畔ではフキノトウやキタミフクジュソウの花が見頃です。

ミズバショウは苞葉(白色の葉が変形したもの)が見える株が増えてきました。

今後の気象にもよりますが、花のピークはゴールデンウィークの前半?でしょうか。

s-ミズバショウP4113188 (1).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の様子

s-カモメIMG_5636.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(カモメ)

 

 

s-オオハクチョウ、オナガガモIMG_5701.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(オオハクチョウ、オナガガモ)

 

 

今朝のオオハクチョウはセンターから近い距離に約40羽

カモ類、カモメ類を狙うオオワシ、オジロワシの姿が見られています。

コチドリ(9日)、ノビタキ(11日)が飛来しました。

(A)

 
 

小清水原生花園20160811

管理者(2016年08月11日)|カテゴリ:植物

小清水原生花園では、シーズン後半を彩るピンク~紫色の花が多く咲いています。

s-P8110172 - コピー.jpg

s-エゾフウロIMG_8344 - コピー.jpg








(エゾフウロ)


s-P8110186.jpg







 

(ナミキソウ)



s-エゾノコギリソウ 379.jpg







(キタノコギリソウ)


 

s-ハマニガナ 224.jpg






 

(ハマニガナ)

 

 

s-ハマナスP8110165.jpg







 

(ハマナス)

 

 

ハマナスは実が増えてきました。

他にヒロハクサフジ、エゾカワラナデシコ、カセンソウ、ナガボノシロワレモコウ、

オニユリなどが咲いています。

(A)

 
 

サワギキョウ

管理者(2016年08月05日)|カテゴリ:植物

ポニー放牧場はエゾミソハギ、ナガボノシロワレモコウ、キンミズヒキなどの植物が

沢山咲いています。

s-IMG_2162 .jpg (エゾミソハギ)

s-ナガボノシロワレモコウ.jpg (ナガボノシロワレモコウ)

s-P1040208.jpg (キンミズヒキ)

クサレダマも咲き始めました。

s-IMG_2163 .jpg

s-IMG_2165.jpg

昔、初めてクサレダマの名前を知ったとき、由来が「腐れ玉」かと勝手に想像して

しまいました。

クサレダマは漢字で書くと「草連玉」で、「マメ科のレダマに似ている草」に由来するそうです。

クサレダマはサクラソウ科で、マメ科の花とは一目で形が違うのがわかります。

どなたかの勘違いからこの名前になったのでしょうか?


紫色っぽいエゾミソハギがあるのに気づき、近寄ってみたら、なんとサワギキョウ!

s-IMG_2186.jpg

昨年の開花は8月下旬でした。

今年は早いですね。

(A)

 
 

タチギボウシ満開

管理者(2016年07月29日)|カテゴリ:植物

小清水原生花園の国道から湖の間に咲いていたノハナショウブが咲き終わり、

変わってタチギボウシが満開になりました。

s-IMG_4544.jpg

手前に写っているのは工事中の木道です。

利用ができるようになるのは、9月10日からです。

今まで見られなかった生きものや景色が見られるようになるのが、待ち遠しいです。

(A)

 

 
 

見頃です

管理者(2016年07月22日)|カテゴリ:植物

湖沿いの林ではオオウバユリが満開です。

大柄でたくさん咲いているので、とても目立ちます。

s-DSCN9020.jpg

s-DSCN9025.jpg

 

湖南側の農地は、ジャガイモの花が満開です。

s-ジャガイモの花IMG_3629.jpg

写真撮影や観察をする際は、 人も車も畑には入らないようにお願いします。

害虫を侵入させないよう、ご協力をお願いいたします。







 

 

 
 

ノハナショウブ

管理者(2016年07月21日)|カテゴリ:植物

まるで日本画のような景色。

s-DSCN8998.jpg

小清水原生花園インフォメーションセンター付近から見た風景です。

距離はちょっとありますが、湖側一面にノハナショウブが咲いています。

 


 

 
 

ポニー放牧場では

管理者(2016年07月20日)|カテゴリ:植物

センター横のポニー放牧場では、エゾミソハギの花が咲き始めました。

s-IMG_3576.jpg

s-エゾミソハギIMG_3578.jpg

花は下から咲いていき、背丈がだんだん高くなっていきます。


エゾオオヤマハコベ、カラフトホソバハコベ、エゾノレンリソウなども

咲いています。

s-エゾオオヤマハコベIMG_3582.jpg (エゾオオヤマハコベ)

s-エゾノレンリソウIMG_3561.jpg (エゾノレンリソウ)

 

雨の後はクモの巣が芸術作品のように見えます。

s-クモの巣IMG_3568.jpg


確認した野鳥

オカヨシガモ、キアシシギ、アオアシシギ、トウネン、アオサギ、カワアイサ、

カワウ、ハシボソガラス、オジロワシ、カワセミ、オオセグロカモメ、ノビタキ、

クロツラヘラサギ、ホオアカ





 

 
 

小清水原生花園 2016年7月16日

管理者(2016年07月16日)|カテゴリ:植物

原生花園の主役の花がエゾフウロ、エゾカワラナデシコ、 エゾノカワラマツバなどに

移り変わってきました。

s-P1060302 .jpg (エゾフウロ)

s-エゾカワラナデシコ 263 - コピー.jpg (エゾカワラナデシコ)

s-エゾノカワラマツバ 240.jpg (エゾノカワラマツバ)

他、ヒロハクサフジ、ハマヒルガオ、ハマニガナ、ナミキソウ、ノビル、ミヤマラッキョウ、

ノハナショウブ、オニシモツケなども見頃です。

s-IMG_3532.jpg (オニシモツケ)


 

 



 


 

 
 

エゾキスゲ、マガモの親子

管理者(2016年07月07日)|カテゴリ:植物

ほんとに綺麗!

道内に誇るエゾキスゲ群落です。

今年はエゾスカシユリだけでなく、エゾキスゲも当たり年ですね。

s-IMG_3225.jpg

ハマナスもエゾスカシユリも満開。

夏の花のピークです。


マガモの親子がセンター前を泳いで行きました。

IMG_3145.JPG

逆光で、最初は太ったカモに見えるほど、子ガモ6羽が親に

ぴったりくっついていました。

カモのお母さんの後姿に貫禄を感じました。

(A)






 

 

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ