ホーム > スタッフブログ > 植物の記事一覧

スタッフブログ

植物の記事一覧

 

12月9日 コミミズク、オオハクチョウ

管理者(2018年12月09日)|カテゴリ:植物

濤沸湖ファンクラブ会員さんから情報と画像をいただきました。

s-221A3901.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレトイ展望台付近の上空にコミミズク1羽。

カラスに追われていて、そのまま浜小清水方面へと飛んでいったそうです。

今回の冬はいつまで見られるのでしょうか。

 

天覧ヶ丘から、湖にオオハクチョウを169羽確認。

平和橋周辺の湖面は凍結。橋下の少しだけ湖面が出ているところにオオバンを確認。

 

情報提供ありがとうございました。

(F)

 
 

11月18日 カワアイサ、ミコアイサ、シマエナガ他

管理者(2018年11月25日)|カテゴリ:鳥類

平和橋でカウントをしていると、バシャバシャという水しぶきの音が

段々近づいて大きくなってきました。

望遠鏡から目を外して見ると、カワアイサ940+羽の追い込み漁の音

でした。濤沸湖ならではの光景です。

s-DSCN7512.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミコアイサの群れ、合計400+羽。

s-DSCN7574.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、「シマエナガは見られますか?」というお問い合わせが増えていますが、

そのシマエナガが10+羽、橋の近くを飛んできました。残念ながら画像は撮れ

ませんでした。

 

<平和橋からの確認種>

カワアイサ、ミコアイサ、ホシハジロ、ホオジロガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、

ハシビロガモ、マガモ、オオハクチョウ、オナガガモ、ヒドリガモ、スズガモ、

キンクロハジロ、シマエナガ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、ハジロカイツブリ、

ヒシクイ、ユリカモメ

 

s-DSCN7553.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ツルウメモドキ)

 

(A)

 
 

9月23日 平和橋

管理者(2018年09月26日)|カテゴリ:鳥類

平和橋に到着直後、アジサシが橋の上を飛んでいきました。

浦士別川河口付近の杭上にも止まっていました。

 

ヨシの陰からオオバンが時々姿を見せます。

s-オオバンDSCN5410.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カモ類の羽数が徐々に増加しています。

ヒシクイの群れが頻繁に空を飛ぶようになりました。

s-ガン・カモ類DSCN5441 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ススキが太陽の光を受けて金色に輝いていました。

湿原の草紅葉が徐々に深まっています。

s-ススキDSCN5445.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<9月23日 平和橋で確認した野鳥>

アジサシ、オオバン、ヒシクイ、カワアイサ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、

スズガモ、ホシハジロ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ユリカモメ、

カイツブリ、ハジロカイツブリ、ハシボソガラス、カワウ、アオサギ、アカゲラ

 

(A)

 
 

8月21日 小清水原生花園

管理者(2018年08月24日)|カテゴリ:植物

この夏は低温、長雨が続いたせいか、ハマナスの花が数多く咲いています。

ハマナス以外にも例年より長く咲いている花が多いように思います。

 

s-P8210642.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(ハマナス)

 

 

s-P8210690.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(カセンソウ)

 

 

s-P8210659.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(キタノコギリソウ)

 

 

 

濤沸湖木道はナガボノシロワレモコウ、ツリガネニンジンなどが目立っています。

 

s-P8210721.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(濤沸湖木道の様子)

 

s-P8210739.jpg

 

 


 

 

 

 

 

(ナガボノシロワレモコウ)

 

 

 

s-P8210730.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ツリガネニンジン)

 

 

原生花園では他にナミキソウ、エゾフウロ、ヤナギタンポポ、エゾカワラナデシコ、

ハマニガナ、エゾミソハギ、エゾオオヤマハコベ、クサノオウ、ヒルガオなどが

咲いています。

野鳥はホオアカ、アリスイ、カワラヒワが姿を見せてくれました。

 

(A)

 
 

小清水原生花園

管理者(2018年08月03日)|カテゴリ:植物

小清水原生花園では、夏の後半を彩る植物が見頃です。

 

s-エゾカワラナデシコP7310629.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾカワラナデシコ)

 

 

s-ナミキソウP7310622.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ナミキソウ)

 

 

s-カセンソウP7310651.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(カセンソウ)

 

 

s-キタノコギリソウP7310592.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(キタノコギリソウ)

 

 

s-タチギボウシP7310710.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(タチギボウシ)

 

 

s-ツリガネニンジンIMG_1602.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ツリガネニンジン)

 

画像の花の他、エゾフウロ、ヒロハクサフジ、クサフジ、ハマニガナ、ヒルガオ、

アキカラマツ、ヤナギタンポポなど咲いています。

画像はすべて7月31日に撮影したものです。

 

6月~7月は雨が多く、7月下旬から猛暑となり、最高気温が30度を超える日が

続きました。昆虫は一斉に活動をはじめ、アゲハチョウ、マルハナバチ、ハナアブ

などの仲間が花の周りを飛び回っています。

 

s-IMG_1436.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(藻琴山)

 

 

(A)

 
 

7月10日 ノハナショウブ

管理者(2018年07月13日)|カテゴリ:植物

ノハナショウブの花が見頃になりました。

濤沸湖木道は花との距離が近く、観察にお勧めです。

s-P7100422.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-ノハナショウブ .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(A)

 
 

6月30日 小清水原生花園 エゾキスゲ、エゾカンゾウ、ノゴマなど

管理者(2018年07月01日)|カテゴリ:植物

久しぶりの晴天となりました。

見頃のピークを迎えたエゾキスゲ、エゾカンゾウなどの花が青空に映え、

とてもきれいでした。

 

s-DSCN4588.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾスカシユリ、エゾキスゲ)

 

 

遊歩道内はエゾスカシユリの花が咲き、一面にオレンジ色です。

 

s-DSCN4625.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾスカシユリ)

 

s-DSCN4617.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾノシシウド)

 

 

s-IMG_1060 .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ノゴマ)

 

 

s-ノビタキDSCN4599 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ノビタキ)

 

 

小清水インフォメーションセンターHanaには植物、鳴り砂の展示などがあります。

当センターとあわせて、是非お立ち寄りください!

 

<6月28日、30日に原生花園で確認した野鳥>

カッコウ、ベニマシコ、オオジシギ、ノゴマ、ノビタキ、シマセンニュウ、コヨシキリ、

ホオアカ、カワラヒワ、オカヨシガモ、アリスイ、ハクセキレイ、マキノセンニュウ、

オジロワシ、トビ、ハシボソガラス

 

(A)

 
 

6月22日 エゾキスゲ、エゾスカシユリ、他鳥類情報

管理者(2018年06月23日)|カテゴリ:植物

小清水原生花園はエゾキスゲ、エゾスカシユリ、センダイハギなど、

原生花園のスターともいえる花が見頃を迎えています。

 

s-P6220068.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊歩道中央付近のエゾスカシユリの開花は、例年より少し遅れ気味のようですが、

次々と咲き始めるでしょう。

 

s-DSCN4560.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_0981.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(エゾスカシユリ)

 

 

 

s-エゾキスゲIMG_0807.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(エゾキスゲ)

 

 

s-DSCN4558.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ホオアカ)

 

 

 

 

湖側の濤沸湖木道是も是非ご利用ください。

s-放牧風景IMG_0950.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小清水原生花園のインフォメーションセンター内には、植物、野鳥に関する展示が

あり、原生花園に咲く植物のパネルが展示されています。

センターと合わせてお立ち寄りください。

 

6月22日 確認した鳥類

<原生花園>

コヨシキリ、マキノセンニュウ、シマセンニュウ、カッコウ、ノビタキ、ホオアカ、

ハシボソガラス、ハクセキレイ、オオジシギ、ノゴマ、アリスイ、アオサギ、

ベニマシコ

<センター周辺>

コチドリ、アオサギ、オオジュリン、オカヨシガモ、トビ、アオジ、ノビタキ、

キジバト、コムクドリ、ヨシガモ

センターの対岸にオジロワシ、タンチョウ

(A)

 
 

6月14日 ヒオウギアヤメ

管理者(2018年06月10日)|カテゴリ:植物

ヒオウギアヤメの花が見頃になりました。

センター南側(ポニー放牧場)に咲くヒオウギアヤメの花のピークは

天候によりますが、来週前半でしょうか?

写真撮影は、咲き終わった花がない今のほうが良いかもしれません。

 

s-P6101253.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-P6061243.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-ポニーP6061235.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(6日撮影)

 

 

s-ポニー、ヒオオウギアヤメP6121281.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(6日撮影)

 

 

朝よりも雨風が強くなり、景色が霞んでいます。

最高気温は今日も10度以下と寒いです。

防寒対策をされてください。

来週前半は気温が上がり、晴れ間が見えそうです。

(A)

 
 

6月5日 マキノセンニュウ、センダイハギ、エゾキスゲなど

管理者(2018年06月09日)|カテゴリ:植物

マキノセンニュウの「ジジジ・・・」というさえずりが、草原のあちらこちらから

聞こえてきます。

シマセンニュウの声も聞こえますが、例年より少ないように感じます。

s-DSCN4284 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ホオアカ)

 

 

エゾニワトコは例年より沢山の花を咲かせています。

s-エゾニワトコDSCN4225.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾニワトコ)

 

 

センダイハギが次々と咲き始めています。

画像は第一駐車場付近です。

s-P6051192.jpg

 

 

 

 

 

 

 

(センダイハギ)

 

 

エゾキスゲやハマナスの花がちらほらと咲き始めました。

s-エゾキスゲP6051184.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾキスゲ)

 

 

s-ハマナスP6051153.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

(ハマナス)

 

 

<原生花園での確認種>

オオジシギ、ノビタキ、ノゴマ、コヨシキリ、マキノセンニュウ、シマセンニュウ、

ホオアカ、オカヨシガモ、キジバト、タンチョウ、オジロワシ

スミレ、ハマエンドウ、エゾタンポポ、ヒメイズイ、エゾノシシウド、クロユリ、

オオヤマフスマ、センダイハギ

アカスジカメムシ

<センター周辺での確認種>

オジロワシ、ホオアカ、ハシボソガラス、トビ、ムクドリコムクドリ、カワラヒワ、

ニュウナイスズメ、アカゲラ、オオジュリン、コヨシキリ、ホウロクシギ、ノビタキ、

タンチョウ、チュウシャクシギ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ハクセキレイ、

エゾハルゼミ

 

(A)

 

月別アーカイブ