ホーム > スタッフブログ > 環境保全の記事一覧

スタッフブログ

環境保全の記事一覧

 

ポニー放牧

管理者(2017年07月02日)|カテゴリ:環境保全

センターの南側の湿地は、風景再生のためにポニー放牧を行っています。

昨日、4頭が放牧場にやってきました。

(昨日の画像)

s-IMG_8769.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(昨年の画像)

s-IMG_0159.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柵の近くに来てくれることもあります。

ポニーにエサをあげたり、柵の中に入らないようお願いしますね。

(F)

 
 

タンチョウ足環番号280、利用のルールについて

管理者(2017年06月28日)|カテゴリ:鳥類

昨日夕方、センターから近い場所にタンチョウが見られました。

タンチョウの足には足環が付いていて、その番号は「280」でした。

この時、センターから足環番号280のタンチョウを含めて4羽を確認しました。

 

s-IMG_8716(2) .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8716(1) .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は足環番号280の個体は確認していません。ここに居ついてくれるでしょうか。

 

同じく昨日、丸万川河口付近でカメラを持った人がヨシ原に立ち入っていたとの情報を

いただきました。

その場所は「濤沸湖保全と利用のためのルール」で通年保全を図る「重点保全エリア」で、

野鳥の繁殖期にあたる2~7月の立ち入りは極力避ける場所となっております。

野鳥観察、写真撮影などで湿地や草原に入らないようお願いいたします。

 

立ち入りの必要がある場合は濤沸湖水鳥・湿地センターにご相談ください。

「濤沸湖利用のためのルール」はホームページ

濤沸湖エコツーリズム推進協議会 http://tofutsu-ko.jp/eco-tourism.php

ご覧ください。

 

(A)

 
 

タンチョウ足環番号280、利用のルールについて

管理者(2017年06月02日)|カテゴリ:鳥類

昨日夕方、センターから近い場所にタンチョウが見られました。

タンチョウの足には足環が付いていて、その番号は「280」でした。

この時、センターから足環番号280のタンチョウ含めて4羽を確認しました。

s-IMG_8716(2) .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_8716(1) .jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は足環番号280の個体は確認していません。ここに居ついてくれるでしょうか?

 

昨日、丸万側河口付近でカメラを持った人がヨシ原に立ち入っていたとの情報を

いただきました。

その場所は「濤沸湖保全と利用のためのルール」で通年保全を図る重点保全エリア」で、

野鳥の繁殖期にあたる2月~7月の立ち入りは極力避ける場所となっております。

野鳥観察、写真撮影の際は湿地や草原などに立ち入らないようお願いいたします。

 

立ち入りの必要がある場合は濤沸湖水鳥・湿地センターにご相談ください。

「濤沸湖利用と保全のためのルール」は ホームページ

濤沸湖エコツーリズム推進協議会 http://tofutsu-ko.jp/eco-tourism.php

ご覧ください。

 

(A)

 

 
 

オオハンゴンソウ駆除

管理者(2016年09月17日)|カテゴリ:環境保全

9月16日、濤沸湖ファンクラブ会員さんにご協力をいただき、特定外来生物

オオハンゴンソウの駆除を行いました。

s-IMGP0915.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業前に特定外来生物やオオハンゴンソウについての説明を行ったあと、

防除従事者証を身に着けて作業場所へ移動しました。


 

作業場所は河川敷で、オオハンゴンソウは路肩と湿地林に在来植物を追いやるように

繁茂しています。

連続上陸した台風の影響で、林内は枝が散らばり、オオハンゴンソウは水流でかなり

倒れていました。


オオハンゴンソウの特徴を現地で再確認してから作業を開始しました。

s-IMGP0921.jpg








 

 

細い茎のものは手で引っ張って根から抜けますが、太い茎のものはびくともしません。

スコップで根ごと抜き取ります。

s-P9160777.jpg









 

抜き取ったオオハンゴンソウの山です。

500本以上あるでしょうか。

s-P9160794.jpg








 

気温が上がり、暑い中での作業が続きました。

ご協力いただいた皆様、大変お疲れ様でした。


 

 
 

ポニー放牧

管理者(2016年06月19日)|カテゴリ:環境保全

センターの南側の湿地は、風景を再生のためポニーの放牧を行っています。

今日、2頭がやってきました。

s-IMG_0156.jpg

s-IMG_0150.jpg

s-IMG_0159.jpg

とてもおとなしいので、可愛がってくださいね。

(A)

 


 
 

濤沸湖周辺清掃

管理者(2016年04月23日)|カテゴリ:環境保全

今日、濤沸湖とその周辺で環境保全と美化のための清掃活動を行いました。

「濤沸湖及び周辺域の環境保全推進協議会」幹事会の各構成団体のみなさんにご参集いただき、

小清水町と協力して実施しています。


午前中は生憎の曇り空で、冷たい強風でしたが、

網走側からは約70人の参加者にお集まりいただきました。

s-P1070618.jpg

s-IMG_7022.jpg

ゴミ拾いの範囲は主に、濤沸湖を囲む道路沿いを実施しました。

また、昨年から網走漁協様、同北浜部会様には船を手配いただき、

白鳥公園~センター前の湖面を清掃していただいています。

s-P1070694.jpg

s-P1070695.jpg

合計で1,080㎏ありました。

回収したゴミは、ペットボトルや空き缶の資源物にできる物から、

タバコの吸い殻、ティッシュや紙おむつ、弁当の空容器などの一般ごみなどがありました。

なかにはホイール付きタイヤやガソリン携行缶も捨てられていました。


多くの方々のご協力により、きれいな濤沸湖となりました。参加された皆さん、大変お疲れ様でした。

これからの濤沸湖の自然や環境を守るために、ゴミは持ち帰り、出来るだけリサイクルをしましょう。

 
 

パン事件

管理者(2014年08月31日)|カテゴリ:環境保全

天気がよく湖も綺麗に見え、気持ちがよいある日、展望コーナーより観察をしていると、

白鳥公園の柵に何かが置かれているのを見つけました。

 

外に出て確認してみると、食べかけのパンが、2か所に置かれていました。

20140831-1.jpg

 

20130831-2.jpg

おそらく置いて行った方は、鳥のためのエサにと思ったのでしょう。

しかし、鳥たちはエサを人から与えられなくても、自分たちで見つけて食べています。

そのため、エサのとれる環境へと時期を変え場所を変え、鳥たちは移動しています。

 20140831-3.jpg

 公園にはこのような看板も設置してあります。野生動物へのエサやりは、パンなどの加工食品で満腹になってしまい、自分で本来のエサを探さなくなるため栄養失調に陥るなど、動物の暮らしを乱す恐れがあります。

また、人と野鳥が不必要に近づきすぎることで、鳥インフルエンザが発生、流行してしまう恐れもありますので、エサやりは自粛していただくようご協力お願いします。

20140831-3.jpg

 
 

清掃活動が行われました

管理者(2013年04月23日)|カテゴリ:環境保全

 

 4月13日、濤沸湖とその周辺で環境保全と美化のための清掃活動が行われました。

 市・町・自治会・関係団体で構成された「濤沸湖及び周辺域の環境保全推進協議会」や「浜小清水連合自治会」などが主催したものです。

 

130413-1.jpgのサムネイル画像 

 

当日は晴天に恵まれ、143人の参加者により主に濤沸湖を囲む道路沿いのゴミ拾いを実施、回収したゴミは空き缶、吸いがらなど約660㎏。なかには古タイヤや鉄の廃材も捨てられていました。

 

130413‐2.JPGのサムネイル画像  

 

多くの方の協力により、きれいな濤沸湖となりました。参加された皆さん、大変お疲れ様でした。

 濤沸湖の自然を守るために、ゴミは持ち帰りましょう。

 

 

 

月別アーカイブ