ホーム > スタッフブログ > 2016年11月の記事一覧

スタッフブログ

2016年11月の記事一覧

 

白鳥公園にも薄氷

管理者(2016年11月30日)|カテゴリ:鳥類

今日も真冬日です。

白鳥公園周辺にも薄氷が広く張り、昨日降った雪で白くなっています。

s-白鳥公園結氷IMG_9754.jpg










s-オオハクチョウIMG_9776.jpg










s-オオハクチョウ ホオジロガモIMG_9780.jpg







(左:オオハクチョウ  右:ホオジロガモ)





14時35分頃、センターの展望コーナーからコミミズクがヨシ原を低く飛んでいるのが

見えました。



今日確認した生きもの

オオワシ、オオハクチョウ、マガモ、カワアイサ、ホオジロガモ、オオセグロカモメ、

コミミズク、ハシボソガラス



 

 
 

濤沸湖ファンクラブ写真展 冬~春

管理者(2016年11月27日)|カテゴリ:活動報告

白鳥公園野鳥観察舎2階に飾っている、濤沸湖ファンクラブ写真展の写真を更新しました。

冬~春にかけて撮影された野鳥、哺乳類など季節が感じられる作品が集まりました。

(センターで選びましたが、冬の写真が多くなってしまいました。)

s-IMG_9737.jpg










額の近くに撮影者の一言コメントがあります。

その写真について詳しい状況や生き物の特徴を知ることができて、とても面白いです。

 

s-IMG_9741.jpg










 

s-IMG_9748.jpg








 

 

 

近くにお立ち寄りの際は是非ご覧ください。

今回も写真提供&お手伝い頂いたボランティアさん、誠にありがとうございました。

(F)

 
 

コミミズク

管理者(2016年11月27日)|カテゴリ:鳥類

ここ数日、真冬日やそれに近い気温の日が続いています。

湖の結氷範囲が昨日より広がりました。


s-IMG_9610.jpg











15時40分頃、上の画像左奥の杭にコミミズクが止まっているのを

センターから発見しました!

この後、TFC会員さん、一般の方からも情報を多数いただき、

第一駐車場付近から2~3羽、原生花園全体で5羽が確認されました。

s-DSCN7710.jpg












白鳥公園周辺はオオハクチョウの鳴き声で賑やかです。

s-オオハクチョウIMG_9659.jpg











センターから見て近い場所にオオハクチョウは265羽、

見える範囲では400羽をカウントしました。

s-オオハクチョウIMG_6259.jpg












オオハクチョウが近くで見られ、来館者された方は大喜びです。

s-オオハクチョウ 観光客IMG_9673.jpg












センター周辺の木に、オジロワシが止まるようになりました。

s-IMG_9600.jpg











ナナカマドの実が青空に映えていました。

sIMG_9471.jpg











昨日確認した生きもの

オジロワシ、オオワシ、オオハクチョウ、ミコアイサ、スズガモ、ホオジロガモ、

マガモ、コガモ、オナガガモ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、キンクロハジロ、

コミミズク、タンチョウ、ケアシノスリ、トビ、ハシボソガラス、スズメ、キタキツネ、

ナナカマド(実)

 
 

ミコアイサ

管理者(2016年11月25日)|カテゴリ:鳥類

白鳥公園前でミコアイサを見ました。

s-ミコアイサ マガモ他IMG_9553.jpg










湖の中央部が氷結しているため、オオハクチョウが白鳥公園前に集まってきていました。

s-IMG_6159.jpg










s-IMG_6149.jpg










近くで見られるのでつい、餌をあげたい気分になると思いますが、

国内で鳥インフルエンザが確認されています。

鳥インフルエンザの発生や感染の拡散を防ぐにも、餌付けは行わないようにしましょう。


今日確認した生きもの

タンチョウ、オオハクチョウ、マガモ、ホオジロガモ、スズガモ、

ミコアイサ、キンクロハジロ、オジロワシ、オオワシ、ユリカモメ、

オオセグロカモメ、オナガガモ、ハシボソガラス、シノリガモ、キタキツネ

(F)

 
 

ハクチョウ類カウント調査2016年11月24日

管理者(2016年11月24日)|カテゴリ:活動報告

本日、今年二回目のハクチョウ類カウント調査を行いました。

今朝9時頃の気温は約-5℃と低く、湖の東側は大部分が凍っていました。


s-IMG_9412.jpg











s-IMG_9423.jpg











風が弱かったので調査は楽に行うことができました。

景色は昨日降った雪で真っ白です。

s-IMG_5882.jpg










s-DSCN1216.jpg












s-DSCN1212 .jpg













調査結果はオオハクチョウ543羽(成鳥503羽、幼鳥40羽)と

先週17日(木)に比べて58羽少ない結果となりました。


調査中とその前後で希少種はオオワシ、オジロワシ、タンチョウ3羽、

ケアシノスリ1羽を確認しました。



濤沸湖の調査の後、センターで藻琴湖の調査も行いましたが、

藻琴湖も大部分が結氷していました。

s-IMG_9442.jpg











解氷面にオオハクチョウ145羽(成鳥133羽、幼鳥12羽)を確認しました。

今年度のハクチョウ類カウント調査はこれで終了です。

 

本日、調査に参加いただいた日本野鳥の会オホーツク支部、TFC会員の皆様、

ご協力いただきありがとうございました。

 

 

(A)

 
 

あばしりまなび塾フェスティバル終了しました

管理者(2016年11月24日)|カテゴリ:活動報告

11月23日(水・祝)に行われたあばしりまなび塾フェスティバルは、

とうふつ湖○×クイズ、カモパズル、おりがみ&ぬりえ、しめっちカルタ展示などの

内容で、昨年より多い380名を超える方々に来場していただきました。

s-IMGP1091.jpg













s-IMGP0995.jpg












s-IMGP1020.jpg












s-IMGP1054.jpg











 

「とうふつ湖○×クイズ」では、少し難しい問題もありましたが、

濤沸湖の事について少しでも知って頂ければ、とても嬉しいです。


s-IMGP1088.jpg













s-IMGP1073.jpg












TFC(濤沸湖ファンクラブ)のみなさんには、缶バッジ作成、事前準備や当日のスタッフなど

さまざまな形でご協力頂き、大変感謝しております。ありがとうございました。


(F)

 

 
 

一面真っ白

管理者(2016年11月22日)|カテゴリ:鳥類

s-PB221276.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝は雪で一面真っ白でした。

今月6日に続き、二度目です。

 

 

s-IMG_9379 -.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオハクチョウはセンターから230羽以上、近い範囲では約35羽を確認しました。


明日23日、濤沸湖水鳥・湿地センターは網走市内のエコーセンター2000で行われる

生涯学習のテーマパーク「あばしりばなび塾フェスティバル」に出典します。

15036451_604800346370286_680785961984397528_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、センターのブースにお立ち寄りください。


センターから確認した野鳥

オオハクチョウ、マガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、オジロワシ、

オオワシ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、ハシブトガラス

 

 

 

 

 

 

 
 

ハクチョウ類カウント調査 2016年11月17日

管理者(2016年11月17日)|カテゴリ:鳥類

11月17日、ハクチョウカウント調査を実施しました。

先週の調査予定日は晴れでしたが、暴風警報が発令されるほどの強風で中止したため、

今年一回目の調査でした。

濤沸湖ファンクラブ、日本野鳥の会オホーツク支部、北海道オホーツク総合振興局の

皆さまにご協力をいただきました。

s-PB171221.jpg













s-IMG_9201.jpg











s-IMG_5749.jpg












結果はオオハクチョウ601羽でした。

2回目の調査は24日に予定しています。


s-PB171236.jpg








(ヒシクイ群れ)

 

 

 

 
 

鳥をたのしもう!濤沸湖入門講座「野鳥編」

管理者(2016年11月17日)|カテゴリ:活動報告

11月13日(日)、濤沸湖ファンクラブとの共催で、濤沸湖入門講座「野鳥編」を

開催しました。

今回の講師は 日本野鳥の会オホーツク支部の 関  高史 氏 です。


先ずはレクチャー室で野鳥の魅力をお話しいただきました。

s-PB131222.jpg






 

 

 

 

 

 

鳥の渡りについては最新の調査結果を交え、飛び方については紙ヒコーキを使うなど

大人も子ども興味をもって聞いていました。

s-PB131232.jpg






 

 

 

 

 

 

双眼鏡、望遠鏡の使い方、選び方は野鳥観察をすでに行っている方も興味が

あるようで、この後、双眼鏡の周りに人が集まりました。

s-PB131250.jpg






 

 

 

 

 

 

野外に出る前にセンターの展望室から観察し、野鳥を遠くから見分けるポイントを

教えていただきました。

s-PB131285.jpg






 

 

 

 

 

 

バスで平和橋に移動する頃には雨が上がり、いつもより風が弱く快適に観察ができました。

鳥の数が少なく残念でしたが、オオワシ、ヒシクイ、カワアイサなどが上空を飛び、みなさんの

テンションも上がっていきます。

s-PB131307.jpg






 

 

 

 

 

 

観察した野鳥はオオハクチョウ、ヒシクイ、ミコアイサ、カワアイサ、マガモ、オナガガモ、

ホオジロガモ、ホシハジロ、オオワシ、オジロワシ、オオバンなどです。


s-PB131316.jpg






 

 

 

 

 

 

センターに戻って白鳥公園に集合したところ、観察会の最後を飾るようにヒシクイの群れが

頭上を飛んでいきました。

s-PB131336.jpg






 

 

 

 

 

 

関さんのガイドは子どもにもわかり易く、すでに野鳥観察をしている方にも参考となり

楽しい観察会となりました。

関さん、お手伝いいただいたTFC会員の皆さん、お疲れ様でした。




 

 
 

オオハクチョウ

管理者(2016年11月12日)|カテゴリ:鳥類

午前中の白鳥公園は風が比較的穏やかで、

凍えることなくおさんぽ観察会を実施することができました。

s-PB121218.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

s-IMG_5646.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はセンターから見える範囲で260羽、

白鳥公園近くでは約30羽確認しました。

 

s-IMG_5649.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(F)

 

 
 

カワアイサの追い込み漁

管理者(2016年11月10日)|カテゴリ:鳥類

平和橋でカワアイサの大群が小魚を取り囲んで捕食する、

「追い込み漁」をしていました。

雄大な斜里岳をバックに、濤沸湖ならではの光景を実際に見ると感動ものです!

画像は11月9日に撮影。

s-カワアイサIMG_9108.jpg











s-カワアイサ追込み漁IMG_9122.jpg








(追い込み漁)


 

s-斜里岳IMG_9128.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

略奪失敗

管理者(2016年11月04日)|カテゴリ:鳥類

センター前の干潟にオオワシとオジロワシがいました。

(左オジロワシ、右オオワシ)

s-IMG_5415.jpg











オオワシが食べていた獲物をオジロワシが狙っていました。


s-IMG_5421.jpg











s-IMG_5429.jpg











s-IMG_5427.jpg











s-IMG_5425.jpg











s-IMG_5424.jpg











残念、奪えなかったみたいです。

後から来たハシボソガラスがオオワシの後ろに

落ちているおこぼれをつついていました。


s-IMG_5442.jpg











今年も日本野鳥の会オホーツク支部からオジロー君をお借りしました。

ぜひ会いに来て下さいね。

s-IMG_5348.jpg







 

 


(F)

 
 

オオワシ飛来

管理者(2016年11月01日)|カテゴリ:鳥類

s-IMG_5247.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5252.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオワシが飛来しました。

センターでは今日が初認です。

 

周辺では情報提供いただいた、「10月16日、藻琴湖、1羽」が、

今のところ一番早い情報です。

 

周辺では、藻琴湖で先月中旬に確認したという情報をいただきましたが、

センターではやっと今日、確認できました。

 

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ