ホーム > スタッフブログ > 2016年7月の記事一覧

スタッフブログ

2016年7月の記事一覧

 

タチギボウシ満開

管理者(2016年07月29日)|カテゴリ:植物

小清水原生花園の国道から湖の間に咲いていたノハナショウブが咲き終わり、

変わってタチギボウシが満開になりました。

s-IMG_4544.jpg

手前に写っているのは工事中の木道です。

利用ができるようになるのは、9月10日からです。

今まで見られなかった生きものや景色が見られるようになるのが、待ち遠しいです。

(A)

 

 
 

シギがたくさん

管理者(2016年07月29日)|カテゴリ:鳥類

雨が降ったり止んだりと、不安定な天気が続いています…

s-IMG_1773.jpg

今朝からセンター前の干潟にシギ・チドリがたくさんいます。

メダイチドリ、キアシシギ、キョウジョシギ、トウネンを確認しました。

キアシシギは朝に数えた時は、センター前だけでも90羽以上いました。

ちょこちょこと動き回って、餌を食べる姿はとても愛らしく思います。


s-IMG_1765.jpg

最近、オジロワシは来館されたお客さんがほぼ観察できるほど、センター前に姿を見せてくれます。

今日も初めてオジロワシを望遠鏡で観察した来館者は

「大きいですね!」と感動されていました。


s-アオサギ 採餌IMG_1756.jpg

今日確認した野鳥

オカヨシガモ、マガモ、スズガモ、カワアイサ、キジバト、カワウ、

アオサギ、メダイチドリ、キアシシギ、キョウジョシギ、トウネン、

ユリカモメ、トビ、オジロワシ、ムクドリ、ハクセキレイ


☆お知らせ☆

8月3日(水)に開催する『とうふつ湖の水生生物観察会』の

参加申し込み期限を7月31日(日)まで延長しました。

定員に余裕があります。ぜひお申し込みください!お待ちしています!


(F)

 
 

風の強い日は

管理者(2016年07月27日)|カテゴリ:鳥類

今日は朝から強い風が吹いています。

アオサギは風が当たらない樹上に集まっています。

s-アオサギIMG_1676 .jpg

 

干潟に止まっていたオジロワシが、風に流されるように飛んでいきました。

s-オジロワシIMG_1651.jpg

画像の下にボールのようなものが見えます。

「これはなんですか?」と聞かれることがありますが、カキの養殖のブイです。

風が無い時は、ブイの上にキアシシギやカワウなどが止まっていることがあります。

 

 

 

 


 

 

 
 

見頃です

管理者(2016年07月22日)|カテゴリ:植物

湖沿いの林ではオオウバユリが満開です。

大柄でたくさん咲いているので、とても目立ちます。

s-DSCN9020.jpg

s-DSCN9025.jpg

 

湖南側の農地は、ジャガイモの花が満開です。

s-ジャガイモの花IMG_3629.jpg

写真撮影や観察をする際は、 人も車も畑には入らないようにお願いします。

害虫を侵入させないよう、ご協力をお願いいたします。







 

 

 
 

ノハナショウブ

管理者(2016年07月21日)|カテゴリ:植物

まるで日本画のような景色。

s-DSCN8998.jpg

小清水原生花園インフォメーションセンター付近から見た風景です。

距離はちょっとありますが、湖側一面にノハナショウブが咲いています。

 


 

 
 

ポニー放牧場では

管理者(2016年07月20日)|カテゴリ:植物

センター横のポニー放牧場では、エゾミソハギの花が咲き始めました。

s-IMG_3576.jpg

s-エゾミソハギIMG_3578.jpg

花は下から咲いていき、背丈がだんだん高くなっていきます。


エゾオオヤマハコベ、カラフトホソバハコベ、エゾノレンリソウなども

咲いています。

s-エゾオオヤマハコベIMG_3582.jpg (エゾオオヤマハコベ)

s-エゾノレンリソウIMG_3561.jpg (エゾノレンリソウ)

 

雨の後はクモの巣が芸術作品のように見えます。

s-クモの巣IMG_3568.jpg


確認した野鳥

オカヨシガモ、キアシシギ、アオアシシギ、トウネン、アオサギ、カワアイサ、

カワウ、ハシボソガラス、オジロワシ、カワセミ、オオセグロカモメ、ノビタキ、

クロツラヘラサギ、ホオアカ





 

 
 

キアシシギ、トウネン他

管理者(2016年07月18日)|カテゴリ:鳥類

キアシシギ27羽、その中にトウネン4羽を見つけました。

シギ・チドリの秋の渡りのシーズンの始まりです。

s-IMG_1461.jpg (キアシシギ)

s-IMG_1465.jpg (トウネン)


クロツラヘラサギは今日も小島やその周辺をうろついています。

s-IMG_1476.jpg

嘴でヨシを引っ張るような仕草が見えました。

昨日、「枝のようなものをくわえていた」という情報をいただきました。

アオサギの真似?遊び?それとも将来に向けて巣作りの練習でしょうか?


カワセミが近くに飛んできました。

今日は小さなカレイを食べているのがわかりました。

残念ながら画像は撮影出来ませんでした。


確認した野鳥

キアシシギ、トウネン、オオセグロカモメ、アオサギ、カワウ、カワアイサ、

オカヨシガモ、マガモ、トビ、カワセミ、ヒドリガモ、カワラヒワ、オオジュリン、

クロツラヘラサギ、スズメ、ハクセキレイ、タンチョウ(1羽)

(A)

 

 
 

クロツラヘラサギ 小島に上がる

管理者(2016年07月17日)|カテゴリ:鳥類

クロツラヘラサギは、今日は朝から見られています。

見られる時間はその日によって違います。


昨日から、センターから見える小島に上がるようになりました。

s-IMG_1385.jpg

小島の上で、食べ物を探しているような仕草が見えました。

クロツラヘラサギの餌は魚、エビ、カニ、貝類や水性昆虫などです。

何を探していたのでしょう?

s-クロツラヘラサギIMG_1434.jpg

(A)

 

 

 

 

 

 

 
 

小清水原生花園 2016年7月16日

管理者(2016年07月16日)|カテゴリ:植物

原生花園の主役の花がエゾフウロ、エゾカワラナデシコ、 エゾノカワラマツバなどに

移り変わってきました。

s-P1060302 .jpg (エゾフウロ)

s-エゾカワラナデシコ 263 - コピー.jpg (エゾカワラナデシコ)

s-エゾノカワラマツバ 240.jpg (エゾノカワラマツバ)

他、ヒロハクサフジ、ハマヒルガオ、ハマニガナ、ナミキソウ、ノビル、ミヤマラッキョウ、

ノハナショウブ、オニシモツケなども見頃です。

s-IMG_3532.jpg (オニシモツケ)


 

 



 


 

 
 

野鳥情報 2016年6月

管理者(2016年07月15日)|カテゴリ:鳥類

2016年6月1日~6月30日に確認した野鳥は以下の通りです。

オオハクチョウ、オシドリ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、

カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ、

キジバト、アオバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヘラサギ、

タンチョウ、ツツドリ、カッコウ、アマツバメ、コチドリ、メダイチドリ、セイタカシギ、

オオジシギ、オオソリハシシギ、ホウロクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、

ソリハシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、ミユビシギ、トウネン、ユリカモメ、

オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ノスリ、カワセミ、アリスイ、

コアカゲラ、アカゲラ、チゴハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、

ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、

ヤブサメ、センダイムシクイ、マキノセンニュウ、シマセンニュウ、エゾセンニュウ、

コヨシキリ、ゴジュウカラ、ムクドリ、コムクドリ、ノゴマ、ノビタキ、キビタキ、

ニュウナイスズメ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオアカ、

アオジ、オオジュリン

s-IMG_0553.jpg

※情報提供いただいた皆様、ありがとうございました。

 
 

アオサギといっしょ

管理者(2016年07月14日)|カテゴリ:鳥類

今朝、TFC会員さんから「いるよ~」と教えていただいたクロツラヘラサギは、

ほぼ一日中センター付近で過ごしていました。

今日は一回も食べているところが見れず、しゃもじのようなクチバシが観察できませんでした。

総合学習で濤沸湖に来ていた地元の小学生は、わずかな時間ですがクチバシが見られました。

確認したところ、アオサギの近くで休んでいることが多かったです。

s-IMG_1303.jpg

s-IMG_1298.jpg

じっと佇むアオサギの近くが落ち着くのでしょうか?


今日、センターから確認した野鳥は

クロツラヘラサギ、カワセミ、カワウ、アオサギ、ハシボソガラス、

ウミネコ、オオセグロカモメ、トビ、カワアイサ、オカヨシガモ、

ハクセキレイ、スズメ、オジロワシです。

(F)

 
 

クロツラヘラサギ その後

管理者(2016年07月09日)|カテゴリ:鳥類

今朝6時過ぎに第一駐車場からクロツラヘラサギ1羽の目撃情報をいただいた後

センターでは確認ができませんでしたが、17時半頃にセンター前に姿を見せてくれました。

s-クロツラヘラサギ IMG_1181.jpg

s-クロツラヘラサギIMG_1168.jpg

今朝から多くの野鳥ファンがいらっしゃいましたが、

そういう日に限って夕方からのお出ましです。

(A)

 

 

 

 
 

エゾキスゲ、マガモの親子

管理者(2016年07月07日)|カテゴリ:植物

ほんとに綺麗!

道内に誇るエゾキスゲ群落です。

今年はエゾスカシユリだけでなく、エゾキスゲも当たり年ですね。

s-IMG_3225.jpg

ハマナスもエゾスカシユリも満開。

夏の花のピークです。


マガモの親子がセンター前を泳いで行きました。

IMG_3145.JPG

逆光で、最初は太ったカモに見えるほど、子ガモ6羽が親に

ぴったりくっついていました。

カモのお母さんの後姿に貫禄を感じました。

(A)






 

 

 
 

ミヤコドリ、ホウロクシギ

管理者(2016年07月05日)|カテゴリ:鳥類

昨日、TFC会員さんが発見したミヤコドリ3羽が、今日もセンターから見えました。

くちばしがまるで京人参のようなオレンジ色です。

s-ミヤコドリIMG_1017.jpg (ミヤコドリ)

クロツラヘラサギ1羽は開館前に姿が見えなくなりました。

s-ホウロクシギIMG_0993.jpg (ホウロクシギ)

s-ホウロクシギ、ミヤコドリIMG_0970 .jpg

ホウロクシギ2羽はしばらくミヤコドリと一緒にいましたが、島の裏へ飛んでいきました。

どちらもまた姿を見せてくれそうです。


センター周辺をオオジュリンが、餌をくわえて飛び回っています。

子育てに大忙しのようです。

s-オオジュリンIMG_1006.jpg

マガモは頭の緑色が、かなり茶色になってきています。

ついつい珍鳥ばかりに目が行きがちですが、

普段見られる鳥達も見てあげてくださいね。


センターから確認した野鳥

クロツラヘラサギ、ミヤコドリ、タンチョウ、マガモ、オカヨシガモ、スズガモ、

カワアイサ、アオサギ、オオセグロカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、オオジュリン、

ノビタキ、ベニマシコ、ホウロクシギ、スズメ、カワウ

(A)

 

 
 

今年もクロツロヘラサギ飛来!

管理者(2016年07月03日)|カテゴリ:鳥類

午前中、「第一駐車場の東側にクロツラヘラサギ目視」の情報を

TFC会員さんからいただきました。

午後に丸万川河口に飛来し、夕方、白鳥公園前に姿を見せました!

s-IMG_0788.jpg

s-IMG_0797.jpg

時々、羽づくろいをするくらいで、休息ばかりしていたクロツラヘラサギが

くちばしを大きく開きました。

アオサギのマネなんでしょうか?

今年も長居をしてくれるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ