ホーム > スタッフブログ > 2016年1月の記事一覧

スタッフブログ

2016年1月の記事一覧

 

近くにオオハクチョウ

管理者(2016年01月31日)|カテゴリ:鳥類

今朝も冷え込みました。

s-IMG_2131.jpg

湖面は昨日より小さくなりましたが、近い場所にオオハクチョウが集まっています。

今朝は14羽が見られました。

s-IMG_2132.jpg

s-IMG_2140.jpg

s-IMG_3650.jpg

他に見られた野鳥はオオワシ、マガモ、ミコアイサ、カワアイサ、

ホオジロガモ、オオセグロカモメ です。

 

 

 
 

凍っては解けて

管理者(2016年01月30日)|カテゴリ:鳥類

今朝は全道的に冷え込んだためでしょうか、

濤沸湖ではセンターと白鳥公園手前側の一部を除いて、結氷が進みました。

ですが、お昼過ぎには少しずつ解けてきたようです。

s-P1070229.jpg

s-P1070232.jpg

▼一部氷が解けている部分にカワアイサが寝ています。

s-IMG_3598.jpg

▼タイミングが合えば館内からでも、ミコアイサが見られますよ。

s-IMG_3577.jpg

 

今日確認した野鳥

オジロワシ、オオワシ、オオハクチョウ10羽、マガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、

カワアイサ、オオセグロカモメ、ハシボソガラス

 
 

やっときた流氷

管理者(2016年01月29日)|カテゴリ:気象

昨日、網走地方気象台では、1月28日12時20分、平年より7日遅く、

昨年より16日遅い流氷初日を観測しました。

風向き次第ですが、数日後には北浜からも流氷が見えるかもしれません。


今朝、オオハクチョウがセンターから見えるすぐそばで、休んでいました。

s-IMG_1979.jpg

s-IMG_3471.jpg


確認した野鳥

オオワシ、オオハクチョウ9羽、マガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、

ミコアイサ、カワアイサ、カモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、ハシブトガラ

最近よく、キタキツネも見られます。

 
 

氷上の戦い

管理者(2016年01月27日)|カテゴリ:鳥類

雪が強く降りはじめた頃、オオワシが湖に飛び込みました。

半身水につかり、何やらモゾモゾしています。

捕まえた魚をうまく掴めないようです。

数秒後、氷上に魚を引き上げて食べ始めたところ、オオワシ、オジロワシなどが

集まってきました。


オジロワシ(右)にエサを奪われないように身をよじって魚を食べるオオワシ(中央)。

手前はオオハクチョウです。

s-20160127-1.jpg

嘴で魚をくわえて跳び上がるオオワシ。

オジロワシは魚の大部分を掴み捕り、飛んで行きました。

s-20160127-3.jpg

オジロワシは国道側の樹上へ、オオワシはセンターの南側の樹上に戻りました。

s-IMG_3293.jpg

s-20160127-4.jpg

濤沸湖は、冬期に漁は行われておらず、魚のおこぼれはありません。

次に餌にありつけるのは、いつでしょうか。

 

s-IMG_3171.jpg(昨日夕方 オオハクチョウ)

今日確認した野鳥

オジロワシ、オオワシ、オオハクチョウ(5羽)、カワアイサ(58羽)、ミコアイサ(2羽)、

ホオジロガモ、マガモ、オオセグロカモメ、シロカモメ、カモメ、ハシブトガラス

 


 


 

 


 

 


 


 

 
 

徐々に

管理者(2016年01月23日)|カテゴリ:鳥類

今朝、センター付近にオオハクチョウが20羽いました。

1月3~4日にかけての全面凍結から、少しずつ氷が解けてきたので、

オオハクチョウたちも徐々に増えてきました。

s-IMG_2992.jpg

s-IMG_2991.jpg

▼白鳥公園付近にキンクロハジロ。冠羽が寝ぐせみたいですね。

s-IMG_3018.jpg

 

確認した野鳥

オオワシ、オオハクチョウ20羽、マガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、

ミコアイサ、キンクロハジロ、オオセグロカモメ、ハシボソガラス

 

 
 

猛吹雪

管理者(2016年01月22日)|カテゴリ:気象

19日の朝~21日の明け方まで低気圧の接近により、暴風雪になりました。

見通しのきかない猛吹雪で車の運転が困難になるなどの通行障害が起きていました。

▼19日の様子

s-P1070170.jpg

高潮で白鳥公園は浸水しました。

▼21日の白鳥公園

s-IMG_2866.jpg

s-IMG_2896.jpg

昨日は除雪におわれていました。

集められた雪山を見て、大分積もったことがわかります。

▼今日の様子

s-P1070182.jpg

s-P1070180.jpg

2917.jpg


確認した野鳥

オオワシ、オオハクチョウ10羽、ホオジロガモ、マガモ、カワアイサ、

カモメ、オオセグロカモメ、シロカモメ


 
 

氷上の食事

管理者(2016年01月17日)|カテゴリ:鳥類

センターに近い氷上に魚を鷲づかみしたオオワシが降り立ちました。

s-IMG_2719 - コピー.jpg

魚を目当てにワシやカラスが集まってきます。

s-IMG_2751 - コピー.jpg

あとから来たオジロワシとエサを巡り、空中バトルに。

s-IMG_2746 - コピー.jpg

オオワシは食べかけの魚を握りしめ、付近の樹上に飛んで行きました。

キタキツネが残った魚の破片を食べに来て、食事は終了となりました。

s-IMG_2755 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

 
 

お帰り、オオハクチョウ

管理者(2016年01月17日)|カテゴリ:鳥類

オオハクチョウ2羽が飛来しました。

オオハクチョウ1.JPG

エサがとれる場所まで湖がとけたからでしょう。

IMG_2863 - コピー.JPG

確認した野鳥

オオハクチョウ、オジロワシ、オオワシ、マガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ミコアイサ

オオセグロカモメ、シロカモメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ

 

昨日、原生花園でコミミズク9羽、今日もコミミズク確認の情報をいただいています。

情報提供いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 
 

カモ類が帰ってきました

管理者(2016年01月15日)|カテゴリ:鳥類

一部氷がとけて、昨日の夕方にカモ類が湖に帰ってきました。

s-IMG_2686.jpg

今朝から、センター付近の樹上にオオワシとオジロワシも見られています。

s-IMG_2691.jpg

s-IMG_2694.jpg

s-ミコアイサIMG_1915 (1) - コピー.jpg

 

確認した野鳥

オジロワシ、オオワシ、マガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、オオセグロカモメ、ヒヨドリ

 

 
 

湖面が解けてきました。

管理者(2016年01月14日)|カテゴリ:鳥類

今朝は吹雪で除雪車が入る程、雪が積もりました。

真冬日が続いていますが、白鳥公園付近は氷が解けて、

だいぶ湖面が見えてきました。

s-IMG_2675.jpg

s-IMG_2673.jpg

s-IMG_2676.jpg

オオセグロカモメとシロカモメが戻ってきました。

オオハクチョウもしばらくしたら戻ってくると思います。

 

TFC会員さんから情報をいただきました。

2016年1月13日 14:00~16:10   第一駐車場から展望牧舎
コミミズク11羽、ケアシノスリJ1羽、ノスリ2羽、オオワシ1羽、オジロワシ2羽、キツネ3頭

 
 

コミミズク

管理者(2016年01月13日)|カテゴリ:鳥類

湖が全面結氷し、オオハクチョウをはじめ水鳥の姿が見えず、

ちょっと寂しく感じる濤沸湖です。

オオワシ、オジロワシは、センター付近の樹上でも時々みられますが、

国道沿いの電柱や看板などの人工物によく止まってます。

原生花園では、他にノスリ、ケアシノスリ、コミミズクなどの小型猛禽類が見られています。

コミミズク1857 - .JPG

画像のコミミズクは陽が傾きかける頃が観察のベストタイム。

ヨシ原でネズミを探しながら飛んでいます。

コミミズクP1020012.JPG

昨日は15時前後に第一駐車場から3羽を確認しました。


 
 

つるいっ子の体験学習

管理者(2016年01月10日)|カテゴリ:環境学習

1月7日(木)につるいっ子体験活動グループ“サルルンガード”の皆さんが

「あばしり自然体験学習会」という事で、濤沸湖の魅力や価値、センターの役割などを

学ぶために来館されました。


“サルルンガード”とは、鶴居村に住む小学3年生から中学生までを対象としています。

各地域の自然、環境保全や自然保護に寄与する施設のあり方などを学び、自分たちにできることを考えて実行し、

鶴居村の住民に発信することを目標に活動しているグループです。

s-P1070142.jpg s-P1070143.jpg

s-IMG_2464.jpg s-IMG_2480.jpg

s-IMG_2477.jpg s-IMG_2491.jpg

s-IMG_2498.jpg s-IMG_2502.jpg

自然観察、館内で自由に展示を見てもらったり、レクチャー室で映像鑑賞、

野鳥の会の方や当センタースタッフのレクチャーなどの活動をしました。

最後に「濤沸湖スゴイところベスト3」を決めるため、話し合いを行いました。


s-IMG_2507 - コピー.jpg s-IMG_2514.jpg

予定の時間をオーバーするくらい、一生懸命考えてくれました。

翌日、皆さんで考えてくださった「濤沸湖スゴイところベスト3」の結果をセンターに、

届けてくださいました。

濤沸湖で学んだことが、今後の活動の考えるきっかけになっていただければ大変嬉しいです。

サルルンガードの皆さん、本当にありがとうございました。


さっそく館内に展示しましたので、来館の際は是非ご覧ください。

s-P1070148.jpg s-P1070146.jpg

 
 

野鳥情報 2015年12月

管理者(2016年01月09日)|カテゴリ:鳥類

2015年12月1日~12月30日に確認した野鳥は以下の通りです。

シジュウカラガン、オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、

キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ、アオサギ、

タンチョウ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、

トビ、オジロワシ、オオワシ、ノスリ、ケアシノスリ、コミミズク、チョウゲンボウ、コチョウゲンボウ、

ミヤマカケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ミミソサザイ、ツグミ


※情報提供いただいた皆様、ありがとうございました。

 
 

オオハクチョウ

管理者(2016年01月08日)|カテゴリ:哺乳類

本年もよろしくお願いいたします。

新年早々に湖面が全面結氷し、水鳥の姿が消えました。

カモやカモメ類は湖面がとけたかどうか確認に来ても、

すぐに帰っていきます。

湖面にはキタキツネの足跡があり、時々、姿が見えます。


今朝9時頃、オオハクチョウの声が頭上から聞こえ、

5羽が湖面に降り立ちました。

オオハクチョウ.jpg

オオハクチョウ5羽.JPG

その後は白鳥公園から近い氷上で休んでいました。

明日も来てくれますように。


今日確認した野鳥

オオワシ、オジロワシ、ノスリ、オオハクチョウ7羽、オオセグロカモメ、

ハシボソガラス、ハシブトガラス、マガモ

 

1月4日~7日に確認した野鳥

オジロワシ、オオワシ、ノスリ、ケアシノスリ、コミミズク、チョウゲンボウ、

コチョウゲンボウ、マガモ、オナガガモ、オオセグロカモメ

TFC会員さん他、情報提供いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


 

 

 



 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ