ホーム > スタッフブログ > 2015年7月の記事一覧

スタッフブログ

2015年7月の記事一覧

 

ミサゴ

管理者(2015年07月28日)|カテゴリ:鳥類

センター付近の上空を円を描くようにミサゴが飛んでいました。

ミサゴ.JPG

魚を水面でキャッチするシーンを期待しましたが、すぐに去ってしまいました。



 

 

 

 

 

 

 

 
 

エゾミソハギ

管理者(2015年07月28日)|カテゴリ:植物

小清水原生花園の主役の花はエゾフウロ、エゾカワラナデシコへと

バトンタッチしています。

この時期はキタノコギリソウ、ナミキソウなど、ピンク~紫系の色の花が

多く咲いています。

センターの周辺ではエゾミソハギの花が見頃になりました。

エゾミソハギ.jpg

濃いピンク色は、湿原を華やかにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

フラッグを付けたシギ

管理者(2015年07月20日)|カテゴリ:鳥類

今朝、干潟にキアシシギ、ソリハシシギ、アオアシシギ、トウネン、コチドリなどが

見られました。

s-キアシ1.jpg

キアシシギと思われる1羽がフラッグを付けていました。

午前中は逆光でわかりにくいですが、色は緑色に見えました。

s-キアシ2 (1).jpg (右側)

標識調査の際に付けられるリング、フラッグ、カラーリングの位置や色、組み合わせで

その鳥がぢこで標識を付けられたのかがわかります。

他の標識は残念ながら、よくわかりませんでした。

どこからやって来ているのでしょうね。

 

 

 

 

 
 

ポニー赤ちゃん誕生、3連休も開館中

管理者(2015年07月18日)|カテゴリ:野生動物

ヒオウギアヤメ群生地に放牧されているポニーのハナコが、7/13に赤ちゃんを産みました。

 

s-IMG_7830.jpg

 

お母さんのそばを離れず、すくすく成長中です。

センターでは、「男の子かな?女の子かな?」「名前はアヤメかな…?」などたくさんの想像を膨らませていました。

 

飼い主さんに伺ったところ、とっても美人な女の子で、名前は今のところ7月生まれに由来して付けることを検討中だそうです。

 

 

センターは3連休も開館中です!(次回休館日7/21(火))

ご来館お待ちしています。

 
 

ヨシガモ

管理者(2015年07月16日)|カテゴリ:鳥類

マガモ、カワアイサ、オカヨシガモ、ヒドリガモの中に、ヨシガモのオス1羽が混じっていました。

yoshigamo-s.jpg

ナポレオンのような頭の形がはっきりしていません。

 

この時期、カモのオスはメスと同じような地味な羽色で区別がつきにくいですが、

望遠鏡でよく見ると、何種類ものカモがいることがわかります。

中央がヨシガモです。

yoshigamo.JPG 

 

 
 

小清水原生花園 

管理者(2015年07月09日)|カテゴリ:植物

今日は朝から斜里岳がきれいに見えています。

s-IMG_8279.jpg

国道沿いはエゾスカシユリ、エゾキスゲ、ハマナスなどが咲き、

花の絨毯(じゅうたん)のようです。

今年はエゾキスゲが当り年でしょうか。

例年よりも広い範囲に数多く咲いています。

s-エゾキスゲIMG_8362.jpg (エゾキスゲ)

s-エゾスカシユリIMG_8361.jpg (エゾスカシユリ)

約30分の遊歩道ではハマエンドウ、エゾカワラナデシコ、ハマフウロ

ハマヒルガオ、マルバトウキ、ハマニガナなどの数多くの花を楽しめます。

s-RIMG0039.jpg (ハマエンドウ)

s-エゾカワラナデシコIMG_8319.jpg (エゾカワラナデシコ)

s-ハマフウロIMG_8344 - コピー.jpg (ハマフウロ)

先週は曇りの日が続きましたが、天気予報では晴れの日が続きそうです。

厳しい環境のなかで逞しく咲く花々の美しさを是非ご覧ください。


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ