ホーム > スタッフブログ > 2015年1月の記事一覧

スタッフブログ

2015年1月の記事一覧

 

エサをめぐって

管理者(2015年01月30日)|カテゴリ:鳥類

1.jpg

2.jpg

washi3.jpg

エサをめぐり、迫力あるシーンが繰り広げられました。

ストーリーは皆さんの想像にお任せします。

 

野生生物の生きる姿を、多くの皆さんに見ていただきたいと

改めて感じた朝でした。

 

 
 

おにぎり頭

管理者(2015年01月30日)|カテゴリ:鳥類

s-DSCN0806.jpg

おにぎり頭で黄色い目そして、白いほっぺたがよく目立つ「ホオジロガモ」が多く見られます。

ユニークな見た目で、エサの貝、魚などをねらって勢いよく飛び込んで行く姿は、とても愛嬌があります。

 

s-DSCN2581.jpg

メスへの求愛ポーズは、首を伸ばし頭を背中につけるポーズ。昨年は来館者の方に話し、実際に見ていただくと

「イナバウアーみたい!面白い!」との感想も。

最近その姿がよく見られるようになりました。

 

センターで上映中の映像「生命のゆりかご(13分)」の中でも、その様子があります。

ハクチョウやワシ類の他、カモ類にも注目です。

 

 

 
 

シノリガモ

管理者(2015年01月28日)|カテゴリ:鳥類

 

シノリガモ(メス、オスの若鳥)が濤沸湖に入ってきています。

20150127シノリガモ♂若 .jpg

濤沸湖橋付近では数十羽の群れも見られます。

20150127shinorigamo .jpg

カモ類はマガモ、オナガガモ、コガモ、ホオジロガモ、カワアイサなどの他、

クロガモ、ビロードキンクロ(メスのみ)も時々見られています。

 

 

 

 
 

たくましさ

管理者(2015年01月23日)|カテゴリ:気象

吹雪の中、オオワシが獲物を狙って湖上の氷の上で待ち構えていました。

真っ白なハクチョウとは違い、黒、白、オレンジの色と存在感のある大きさで目立ちます。

DSCN2529.jpg

 

悪天候にも負けず、鋭い眼差しでじっとしている姿に、野生動物のたくましさを感じさせます。

DSCN2522.jpg

 

 

 

 

 

 
 

氷の塊?

管理者(2015年01月21日)|カテゴリ:鳥類

流氷が湖内に入ってきて、海のような濤沸湖です。

このような氷の状態になると「オオハクチョウはいないんですか?」と

聞かれることがあります。

IMG_3172.jpg

IMG_3207 - コピー - コピー.jpg

よく見るといるんですよ~。

IMG_3201 - コピー - コピー.jpg

オオハクチョウが首を水の中に入れていると、氷と紛らわしいです。

最近、オオハクチョウは10羽前後見られています。

 

 

 

 

 

 
 

流氷接岸

管理者(2015年01月20日)|カテゴリ:気象

網走地方気象台によると、網走で1月19日に流氷接岸初日となりました。

平年より14日早く、昨年より21日早い流氷接岸初日です。

 

10時頃、濤沸湖に流氷が入り込んできました。

湖内流氷.jpg

昼過ぎに北浜の海岸を見に行ったところ、流氷が押し寄せていました。

奥の方は密度が高いようで、隙間なく白く見えます。

北浜の海岸に流氷接岸.jpg

流氷.jpg

晴れていないのが残念です。

 

今日から流氷観光砕氷船が運行しています。

冬の観光シーズンが始まりました。

 

 

 

 
 

吹雪の後

管理者(2015年01月18日)|カテゴリ:鳥類

昨日の吹雪でセンター周辺は吹き溜まり、今朝はこんな状況でした。

吹き溜まり

木道の入り口に、ちょこんとシジュウカラが座っていました。

シジュウカラ.jpg

弱っているのか?と心配でしたが、風を避けていたようです。

 

15日は流氷が湖面を覆いましたが、すぐに解けました。

IMG_3560 - コピー.jpg

さらに湖面は解けて広がり、水鳥が戻ってきています。

カワアイサ.jpg

オオワシ.jpg

最近はオオハクチョウ、オオワシ、オジロワシ、マガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、

カワアイサ、オオセグロカモメ、シロカモメなどがよく見られています。

キタキツネ.jpg

氷上でキタキツネがエサを探しながら歩く姿が頻繁に見られ、来館された方は

大喜びです。

 

 

 

 
 

網走流氷初日

管理者(2015年01月12日)|カテゴリ:気象

網走地方気象台では本日、平年より9日早く、昨年より9日早い、流氷初日を観測しました。

今日は強い北風が吹いています。近日中に北浜の海岸からも流氷本体が見えそうです。

 

濤沸湖は湖口の湖面が解氷し、水鳥が戻ってきています。

20150112-2.jpg白鳥公園

20150112-3.jpgオオハクチョウ

20150112-4.jpgホオジロガモ

水鳥を狙うオジロワシ、オオワシの姿も見え、センター付近で一度に

5羽を確認できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

全面結氷

管理者(2015年01月06日)|カテゴリ:気象

昨年は多くの皆様に様々なご協力をいただき、感謝の気持ちで一杯です。

その気持ちを胸に、新しい年のスタートです。

今年もよろしくお願いいたします。

20140105全面結氷2.jpg

濤沸湖は年明けすぐに全面結氷しました。

白鳥公園前も厚い氷で覆われています。

気温の低さよりも、海と繋がる湖口に砂が堆積し、海水の流れが

弱まったため、全面結氷となったようです。

近年では地球温暖化の影響でしょうか、白鳥公園の際まで凍るのは珍しくなって

きています。

 

湖面には多数の亀裂が走っています。

IMG_3333.jpg

厚い氷2.jpg

(撮影1月4日)

氷の造形の美しさに何枚も写真を撮ってしまいました。

氷上にはオオハクチョウ、カモの足跡やフンが多くあり、結氷後も

しばらくは姿を見せていたのがわかります。

今日はオオハクチョウの姿が見られませんでしたが、氷が解ければ

姿を見せてくれるでしょう。

強風に煽られるように飛んで行ったオオワシの姿が印象に残りました。

 

 

 

 

 

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ