ホーム > スタッフブログ > 2014年8月の記事一覧

スタッフブログ

2014年8月の記事一覧

 

パン事件

管理者(2014年08月31日)|カテゴリ:環境保全

天気がよく湖も綺麗に見え、気持ちがよいある日、展望コーナーより観察をしていると、

白鳥公園の柵に何かが置かれているのを見つけました。

 

外に出て確認してみると、食べかけのパンが、2か所に置かれていました。

20140831-1.jpg

 

20130831-2.jpg

おそらく置いて行った方は、鳥のためのエサにと思ったのでしょう。

しかし、鳥たちはエサを人から与えられなくても、自分たちで見つけて食べています。

そのため、エサのとれる環境へと時期を変え場所を変え、鳥たちは移動しています。

 20140831-3.jpg

 公園にはこのような看板も設置してあります。野生動物へのエサやりは、パンなどの加工食品で満腹になってしまい、自分で本来のエサを探さなくなるため栄養失調に陥るなど、動物の暮らしを乱す恐れがあります。

また、人と野鳥が不必要に近づきすぎることで、鳥インフルエンザが発生、流行してしまう恐れもありますので、エサやりは自粛していただくようご協力お願いします。

20140831-3.jpg

 
 

サンゴ草が色づく頃

管理者(2014年08月30日)|カテゴリ:鳥類

塩性湿地に生える「サンゴ草」(アッケシソウ)が紅く色づいてきました。

20140830-1.jpg

この頃、カムチャッカ半島からガンの仲間のヒシクイが渡ってきます。今年は8月29日に8羽の飛来を確認しました(画像中央)。

20140830-2.jpg

 

これから、ヒシクイやカモの仲間が次々に飛来して、湖はますます賑やかになっていきます。

干潟では、キアシシギ、トウネン、オグロシギ、アオアシシギ、などシギ、チドリが走り回っています。

 

【観察できたシギ、チドリ(8/20~)】

ムナグロ、コチドリ、メダイチドリ、オグロシギ、オオソリハシシギ、アオアシシギ、タカブシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、キョウジョシギ、オバシギ、コオバシギ、トウネン、ヒバリシギ、ウズラシギ、ハマシギ、キリアイ

 
 

まだまだ咲いています

管理者(2014年08月22日)|カテゴリ:植物

センター周辺のヒオウギアヤメ群落には、エゾミソハギ、サワギキョウ、

ナガボノシロワレモコウなどが咲いています。

20140822エゾミソハギ.JPG

DSCN1544 - コピー.JPG エゾミソハギ

花の周りには蜜を求めて昆虫が訪れています。

周辺を小さくひらひらと飛んでいるのはゴマシジミです。

飛んでいる時は薄青色に見えます。

IMG_2232 - コピー.JPG ゴマシジミ

20140816サワギキョウ - コピー.JPG サワギキョウ

 

サワギキョウの花が来てほしい昆虫は、マルハナバチの仲間。

マルハナバチが蜜を吸おうと花に入り込むと、雄しべの毛に触れて花粉が

でる仕組みになっています。

花の形と昆虫のつながりを考えながらみていると、新しい発見があります。

 

 

 

 
 

カモの群れ

管理者(2014年08月08日)|カテゴリ:鳥類

30羽程のカモの群れが移動しているところをみつけました。

20140808-1.jpg

 

正体は「細くて赤いくちばし」を持つカワアイサです。

 20140808-2.jpg

 

そして一番の特技は、集団で魚を囲いその行動をする「追い込み漁」です。

この日も一斉に方向を変え、合図のように羽音を立てながら漁をしているようでした。

見ていると突然「バシャ!バシャ!」と水を立てる大きな音がして驚いてしまいました。

ちょうどこのあたりに魚が多くいたのでしょう。

  20140808-3.jpg

この光景はカモ類が多くなる秋になると、数百羽の群れで行います。

数だけでなく、鳴き声と羽音だけでも圧巻です。

 

魚を捕まえる時、移動する時、休む時も仲間と一緒にいるカワアイサです。

 

 

カルガモの親子も子どもの羽数は変わらず、8羽元気に成長していました

20140808-4.jpg

 

 

 
 

小さくても力持ち

管理者(2014年08月03日)|カテゴリ:鳥類

キアシシギの群れに交じり1羽、とても目立つシギを見つけました。

キョウジョシギです。

20140803-2.jpg

 

初めて見た時はオレンジ色の足と、背中の羽がヒョウ柄のよう独特なハデさがありとてもインパクトがありました。

漢字でも「京女」と書かれ、京の女性の着物のように綺麗だとの意味が込められているそうです。

20140803-1.jpg

くちばしで石や貝殻をひっくり返しエサを探す習性のあるシギで、貝殻の多いこの場所で

その様子を見せてくれました。

 

 

 

 

 

 
 

シギ、チドリの季節です

管理者(2014年08月01日)|カテゴリ:鳥類

湖の干潟では、シギ、チドリがちょこまかと歩き回る姿がみられるようになりました。

オオセグロカモメと比べても、小さい様子がよくわかると思います。

(写真をクリックすると大きくなります)

DSCN3086.jpg

 

トウネンは、とても小さな鳥で今年生まれのように見えるため、「当年」とつけられた

との由来もあります。

IMG_0301.jpg

 

その他センターからは、

・コチドリ

・オグロシギ

・ホウロクシギ

・アオアシシギ

・キアシシギ

・ソリハシシギ

・イソシギ

・キョウジョシギ

・ハマシギ

などが観察できています。

 

 

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ