ホーム > スタッフブログ > 2014年6月の記事一覧

スタッフブログ

2014年6月の記事一覧

 

ノビタキのごはん

管理者(2014年06月28日)

最近、毎日のようにセンター前に姿を見せてくれるノビタキです。

よくみると、何かをくわえているのがわかります。

(写真をクリックすると大きくなります)

20140628.jpg

 

ノビタキは主に、昆虫やクモ類を捕まえて食べるようです。

自分で食べてしまうのか、子育てのために巣へ持ち帰るのかわかりませんが、

すぐにまた飛んで行ってしまいました。

 

よく見かける鳥でも、新しい発見がたくさんあります。

 
 

センター前水場へのお客さん

管理者(2014年06月27日)|カテゴリ:鳥類

水場には、毎日のようにさまざまな鳥が訪れます。

最近は、コムクドリが観察できました。

s-IMG_0102.jpg

ムクドリは黒い体、目立つオレンジ色のくちばしと足。

コムクドリはそれとは対照的な、白っぽい体、茶色いほっぺたが特徴的です。

 

鳥も最近の暑さでにバテ気味か、ここでエサを食べ水を飲み、

水浴びをして、少し休憩をしているように

見えました。

 
 

なかよく2羽

管理者(2014年06月19日)|カテゴリ:鳥類

センター前の流木にオジロワシが向かい合い2羽とまっていました

 20140619.jpg

オジロワシは成長とともに、くちばしの色が黒から黄色に、

頭の毛の色が白っぽくなります。

体はメスのほうが大きいです。

 

どうやら、この2羽は仲の良い、老夫婦のようです。

みていて心が和やかになる光景でした。

 

オジロワシはほぼ毎日見られます。比較的、午前中によく観察できます。

 
 

木道でお花見

管理者(2014年06月15日)|カテゴリ:鳥類

木道に鳥が1羽やってきました。

 

 双眼鏡でよくみると、赤いほっぺたが特徴の

ホオアカでした。

(写真をクリックすると拡大されます)

 20140615-1.jpg

 

体の向きを変え、ときどき下に降り、さまざまな場所から、

まるでお花見を楽しんでいる様子でした。

20140615-2.jpg

 

鳥も人もアヤメの鑑賞は、木道からがおススメです。

他にもオオジシギやノビタキ、オオジュリン、カワラヒワ

なども姿や鳴き声で、お花見を一層楽しませてくれます。

 

ヒオウギアヤメの花数はピークと思われます。

DSCN2573.jpg

 

つい先程、太鼓判を押すように、この季節にめずらしくモズも

やってきました。

 

 

 
 

ヒオウギアヤメ見頃

管理者(2014年06月13日)|カテゴリ:植物

ヒオウギアヤメが見頃を迎えています。

IMG_9977.JPG

昨年より広い範囲に咲いていて、花芽も多く見られます。

IMG_9966 - コピー.JPG

天候によりますが、花数のピークは20日頃となりそうです。

来週は天気が良さそうです。ヒオウギアヤメ群落の向こうに斜里岳が望める

でしょう。

ヒオウギアヤメの間には、ヤナギトラノオやエゾツルキンバイなどの、湿地に咲く

植物が咲いています。

IMG_9990.JPG (ヤナギトラノオ)

間近で花が見られるセンター付設の木道を是非ご利用ください。

 

 

 
 

ヒオウギアヤメ咲き始め

管理者(2014年06月05日)

センター付近では、ヒオウギアヤメがポツポツと咲き始めました。

20140605-1.jpg

今年は葉の伸びが遅かったのですが、最近の天候で、例年に追いついたようです。

今月の中~下旬が見頃でしょうか。

 

国道沿いでは、エゾノコリンゴの花がほぼ満開になってきました。

今年は花の成り年なのでしょうか、低い木も花を沢山つけています。

20140605-2.jpg

 

原生花園の遊歩道ではクロユリ、センダイハギも咲きだしました。

クロユリは嬉しいことに、写真が撮りやすい向きに咲いてくれています。

20140605-3.jpg

 

20140605-4.jpg

草原、湿原、林にも花が次々に咲き出し、心が躍ります。

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ