ホーム > スタッフブログ > 2014年4月の記事一覧

スタッフブログ

2014年4月の記事一覧

 

ハクチョウ着水

管理者(2014年04月20日)|カテゴリ:鳥類

 約10キロあるハクチョウが飛ぶときは、立派な水かきを持った大きな足で、

水面を蹴り助走をつけながら飛び立ちます。

そのため、降りる時も大変です。 

20140419-1 .JPG

 

徐々に、身体を傾けながら 

20140419- 2.JPG

 

 

水面に足を付け 

20140419-3.JPG

 

ブレーキをかけながら

20140419-4.JPG

 

 着水している様子が観察できました。 

20140419-5.JPG

 

ハクチョウは家族で行動します。

20140419-6.JPG

 

この仲良し2羽は、着水後鳴きあってまるで、「大丈夫だった?」と

おしゃべりしているように聞こえました。

 

最近センターからは、約50羽のハクチョウが観察できます。

近いところでは、10羽前後見られています。

 
 

キレンジャク

管理者(2014年04月19日)|カテゴリ:鳥類

センター付近にキレンジャクが2羽やってきました。

20140419 キレンジャク.JPG

ハマナスの実を食べていたようです。

 IMG_9380 - コピー.JPG

下に落ちていた実も種が食べられていました。

 

 
 

カモ専用レストランオープン

管理者(2014年04月19日)|カテゴリ:植物

ここ数日の気温で、湖の氷も大部分解けてきました。

IMG_9319 - コピー.JPG

 

顔を出した草地に、ヒドリガモの群れがやってくるようになりました。

カモ御用達のレストランが湖畔のあちらこちらでオープンし始めています。

 

IMG_9210.JPG

 

湖畔ではアキタブキやキタミフクジュソウなどが咲き始めました。

ノビタキ、オオジュリンなども見かけるようになり、

春が一歩一歩近づいているのを感じます。

 

 

 

 
 

物件補修に大忙し

管理者(2014年04月13日)|カテゴリ:鳥類

 トビが何かを、掴んでいるのを見かけました。

  

20140412.JPG

 

掴んでいるのは、枯れ草のようなものでした。

 

春は繁殖の季節です。巣の補修のため、大忙しで

材料を集めているように見えました。

 

人に見られているプレッシャーで育児放棄してしまうことも

ります。繁殖している鳥をみかけたら、そっとしておいて下さいね。

 

 
 

コガモ

管理者(2014年04月11日)|カテゴリ:鳥類

今日の濤沸湖は、風が強く気温も低く4月とは思えない天候となり、春が待ち遠しいです。

 

そんななか、初夏になるとヒオウギアヤメが咲く湿原に、コガモが上がり

お食事を楽しんでる様子でした。

 

間近でみると、頭の茶色と緑のコントラストがより目立ちました。

 

20140411.JPG

 

ユリカモメ、オナガガモなども数が増え、数百羽の群れになって、湖を舞っています。

ユリカモメは頭の色が白(冬羽)から黒(夏羽)に変身していく

様子が観察でき、おススメです。

 

 

 

 

 
 

4月の雪

管理者(2014年04月05日)|カテゴリ:鳥類

 昨日は、天気予報では雨でしたが、朝からみぞれ、

雪が降りあっという間に、一面真っ白となりました。

夕方には、降り積もった雪に困ったのでしょうか、

ハクセキレイが玄関の軒下や、

木道の下で雪をよけるように過ごしているのが観察されました。

 ベニヒワも、エサを探してチョコチョコと歩き回っていました。

 

 そして、昨日はハシビロガモが初確認されました。シャベルのような

大きなくちばしが可愛らしいですね。 

 今日も姿をみせてくれるか、楽しみです。

 

140404.JPG

 
 

なかなか解けません

管理者(2014年04月03日)|カテゴリ:鳥類

例年は全面解氷している濤沸湖ですが、今年はなかなか解けず、
平和橋付近も下の写真のような状態です。

 140403 平和橋 (1).JPG

開いた水面には、カモが身を寄せるように集まっています。

1400402 カモ類(平和橋).JPG 

厳冬期に見られなかったウミアイサ、ミコアイサ、スズガモ、ヒドリガモ、
キンクロハジロなどが戻ってきて、湖面が賑やかになってきました。

140403 平和橋 (2).JPG (ミコアイサ)

つがいになったカモが多く見られるようになり、濤沸湖はラブラブ
ムードが漂っています。

一歩一歩春が近づいてきています。

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ