ホーム > スタッフブログ > 2014年2月の記事一覧

スタッフブログ

2014年2月の記事一覧

 

最近の濤沸湖

管理者(2014年02月27日)|カテゴリ:鳥類

先週16日から19日まで暴風雪に見舞われました。

センター周辺の国道や道道などは全て通行止めとなり、18日は臨時休館とさせていただきました。

この一週間は穏やかな天候が続き、結氷した湖面が開いてきています。

 

この季節は、見られる水鳥の数、種数ともに少ないですが、マガモ、オナガガガモ、

ホオジロガモ、カワアイサなどが、すぐ近くで観察でき、シノリガモが姿を見せる日もあります。

 

オオハクチョウは、結氷状況により羽数は変わりますが、数十羽みられます。

140227 -1.JPG

 

 140227 -2.JPG

センター裏手の樹上には、オオワシ、オジロワシがよく止まっています。

肉眼でわかる近さです。

氷上にも、オジロワシやキタキツネの姿がみられます。

 140227 -3.JPG

昨日は、センターの目の前でオジロワシがシロカモメを追いかける

迫力のあるシーンがみられました。

 

この時期は流氷もお見逃しなく。オホーツク海は白い大陸です。

天気の良い日は流氷原の向こうに、知床連山、能取岬などが見えます。

 140227 -4.JPG

ここ数日は気温が高く、氷が緩んでいます。

観察の際は、流氷の上にあがらないで下さい。

 
 

イスカ

管理者(2014年02月07日)|カテゴリ:鳥類

イスカの群れがセンター周辺にやって来ました。

お目当てはマツの実です。

IMG_7079 - コピー.JPG

IMG_7167 - コピー (2).JPG

マツの実の間の種子が食べやすいように、上下が合わさらず
左右に曲がったくちばしをしています。

IMG_7148 - コピー.JPG

時々、種子をかじっている音がパチパチと聞こえてきました。


IMG_7153 - コピー.JPG

食べた後の実は、下に落とすので、木の下はマツの実だらけです。

IMG_7194 - コピー.JPG

マツの実を見ると、くちばしでかじった跡やこじ開けた跡がありました。

マツの実はまだ残っているので、また、やって来てくれるでしょう。

 
 

全面結氷、流氷接岸はいつ?

管理者(2014年02月02日)|カテゴリ:鳥類

センター付近はまだ、水面が開いています。
140202-1.JPG

例年、年明けには全面結氷するのですが、ここ数日は気温や
海水の影響で氷が緩み、水面が広がりました。

140202-2.JPG

そのおかげで、先週よりも水鳥の姿が多く見られます。

140202-3.JPG

140202-4.JPG(センター前にもオオハクチョウが来ます)

樹上、氷上には、カモを狙うオジロワシ、オオワシの姿も
頻繁に見られます。

流氷は、昨年は既に接岸していましたが、流氷のかけらが
浜に流れ着いているだけです。

温かいと過ごしやすく、水鳥の姿も多くみられますが、
濤沸湖にも恵みをもたらす、流氷が早く接岸して欲しいと願う
今日この頃です。

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ