ホーム > スタッフブログ > 2013年12月の記事一覧

スタッフブログ

2013年12月の記事一覧

 

感謝とお礼

管理者(2013年12月29日)|カテゴリ:鳥類

 131229-1.JPG

 本日29日のセンターは、オジロワシとオオワシの朝の出迎えから始まりました。
オホーツク海のしけと満潮の影響で午前中から水位が上昇し、センター前の水場には
オオハクチョウやマガモ、オナガガモが集まり、草をついばんだり水を飲む姿で賑わいを見せ、
ホオジロカモやコオリガモの潜水の様子も普段より間近で観察することができました。
 

 年内最後の開館日にたくさんの鳥見ができ、来館のお客様と、
「きっと、濤沸湖の鳥たちが年末のあいさつに訪れたのね。」と都合良く解釈することとして、
気持ちよく今年の職務を終わることにしました。

 

IMG_6048.JPG 

 今年はスタッフも替わり、多くの皆様にご協力をいただきながらの一年となりました。
濤沸湖の魅力を十分お伝えできるか不安の中でしたが、多くの方にブログを閲覧していただき
感謝の気持ちでいっぱいです。一年間ありがとうございました。

 今シーズンは、結氷が例年より遅れ気味の感があります。
新年7日の開館日までに湖面はどうなっているのでしょうか?

 新年も皆様に、濤沸湖の新鮮な情報を発信していきたいと思いますので、
26年もよろしくお願いいたします。

 

 
 

モズ

管理者(2013年12月19日)|カテゴリ:鳥類

モズがセンター近くの鉄条網にとまっていました。

時々地面に降りてエサを狙っていましたが、失敗していたようで、
獲物は見えませんでした。


DSCN0484 - コピー.JPG

 

モズは捕らえた獲物を木の枝等に突き刺す「はやにえ」という習性があります。

以前違う場所で、カナヘビが鉄条網に刺さっているのを見たことがあります。
そのはやにえは、食べられずに残っていました。
どこかに、はやにえがあるかもしれません。

見つけた方はお知らせください。

 
 

コオリガモ

管理者(2013年12月11日)|カテゴリ:鳥類

 コオリガモのオスが今日もセンター近くにやってきています。
昨日、道外からいらした方は、初めて、しかも肉眼で
わかるくらい近い場所で見ることができ、とても喜んで
いらっしゃいました。

IMG_5668 - コピー.JPG


コオリガモのオスがとっても「ひょうきん者」に見えてしまうのは
私だけでしょうか。
横からは、頬あたりの黒い羽色は耳あてやヘッドフォンを
つけているかのように、正面から見ると、落ち武者のような風貌です。


IMG_5661 - コピー.JPG

頭をかくしぐさにも、なんだか笑ってしまいます。

IMG_5671 - コピー.JPG

 
 

オオハクチョウに混じって

管理者(2013年12月01日)|カテゴリ:鳥類

 

カモのオスはかなり繁殖期の羽色に変わってきました。

カワアイサはオスの頭が緑色になり、メスと一緒に泳いでいても

見分けやすくなってきました。

 

 コピー ~ DSCN0014.JPG 

(前:カワアイサ 後:ホオジロガモ) 

 

昼過ぎに、そんなカモ達をスタッフ全員で見ていたら、白いアオサギ大の鳥に気付きました。

朝はアオサギが1羽いたので、それかと思いつつ見ると・・・ダイサギでした。                         

 

コピー ~ IMG_5524.JPG

 

(前:オオハクチョウ 後左:ダイサギ 右:アオサギ)

 

オオハクチョウに混じって、くちばしが細長い白い鳥がいたら、注意してみてください。

濤沸湖東側の平和橋付近は、センター付近とは違った鳥も見られる観察ポイトです。

今朝はオオバン14羽が出迎えてくれました。

 

 コピー ~ オオバンDSCN0021.JPG

 

(オオバン)

 

タイミングによりますが、カワアイサやハジロカイツブリの大群にも出会えます。

 

 

 

 

 

 

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ