ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

 

 

10月14日濤沸湖 ぐるっと観察会

管理者(2018年10月14日)|カテゴリ:鳥類

10月14日、センター講座の「濤沸湖 ぐるっと観察会」を行いました。

講師は、日本野鳥の会オホーツク支部長の川崎康弘さんです。

バスに乗って観察ポイントを巡る前に、スライドを見ながら、

濤沸湖の素晴らしさ、他の湖との違い、秋冬に見られる野鳥や

観察時のマナーについてのお話しがありました。

s-PA140008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は小清水原生花園の天覧ヶ丘に向かい、湖周辺を観察します。

よく晴れた空に穏やかな風が吹いていて、とても心地のよい天候です。

s-PA140012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオハクチョウやカモの群れ、タンチョウやオジロワシを次々と見ることができました。

オジロワシが飛翔して、カモ類を複数飛ばしている様子も見られました。

s-PA140016.jpg

 

 

 

 


 

 

 

 

 

海の方にはクロガモ、ビロードキンクロ、アビなどがいました。

裸眼では何もいないように見えるけど、よくよく探してみると沢山いるんですねと

望遠鏡を覗きながら感心されていました。

s-PA140027.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、駅に列車が停車しました。

放牧されている馬と一緒に。絵になる風景です。

s-PA140028.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は平和橋に向かいます。

オオジュリンなどの声を聴きながら、

カワアイサ、オオバン、ホシハジロ、ミコアイサ、ヒドリガモ、

オカヨシガモなどを観察しました。

樹上にとまっているオジロワシやアオバトも観察することでできました。

s-PA140036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-PA140733.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-PA140038.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワウが飛翔してきたと思ったら、その後追い込み漁をはじめました!

バシャバシャと音をたてる姿に見入ってしまいました。

s-PA140044.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センターに戻り、最後は見られた&聴こえた種類を確認し、観察会は終了しました。

参加者のみなさん、講師の川崎さん、楽しい観察会をありがとうございました。

改めて濤沸湖について学べて、初めて参加した方にとっても、とても良い観察会でした。

観察する際は、センターにもお立ち寄りください。

 

<観察会で確認した野鳥>

ヒシクイ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、

コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、

ミコアイサ、カワアイサ、アカエリカイツブリ、アオバト、アビ、カワウ、アオサギ、

ダイサギ、タンチョウ、オオバン、ユリカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、

ヤマゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、スズメ、

タヒバリ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン

 

(F)

 
 

10月11日 オオハクチョウ

管理者(2018年10月12日)|カテゴリ:鳥類

午後3時頃、オオハクチョウの群れが湖面に着水するのを見ました。

その直後、展覧ヶ丘から確認した群れと合わせて39羽を確認しました。

 

s-DSCN6683.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(A)

 
 

10月10日 ハクチョウ類飛来

管理者(2018年10月11日)|カテゴリ:鳥類

センターから湖中央部にハクチョウ類2羽を確認しました。

s-DSCN6572.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN6572 (1).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<10月8日、10日 センターから確認した野鳥>

ハジロカイツブリ、タンチョウ、ホウロクシギ、ダイゼン、アオサギ、マガモ、

カワアイサ、ヒシクイ、オナガガモ、ウミネコ、カワウ、ダイサギ、ハマシギ、

ハクチョウ類、ミヤコドリ、ユリカモメ、ハシボソガラス、ヒドリガモ、

スズガモ、オジロワシ、トビ、シジュウカラガン、スズメ

(A)

 

月別アーカイブ