ホーム >  濤沸湖のご紹介 > 濤沸湖がわかる10のキーワード~08 原生花園

濤沸湖がわかる10のキーワード~08 原生花園

濤沸湖周辺の景観保全

周辺には自然公園がいっぱい
周辺には自然公園がいっぱい濤沸湖から少し目を外に向けてみると、濤沸湖の周辺には網走国定公園のほか、世界自然遺産の知床国立公園、阿寒国立公園、野付風連道立自然公園など、自然公園が集まっています。
また、サロマ湖や網走湖、藻琴湖などの汽水湖も多く、規模はまちまちですが、原生花園のようなお花畑も随所に見られます。
濤沸湖はそれらの自然公園の中心に位置しています。
海岸草原の維持のために
濤沸湖口から東へ約8kmにわたる小清水原生花園では、長年にわたって放牧が行われ、草原を走る蒸気機関車の火の粉による野火が頻繁(ひんぱん)に発生していました。
それらが、牧草類の進入を抑え、家畜などに踏まれる事にも強い植物や家畜が嫌う植物だけを残し、原生花園を特徴づける植物を生んでいったのです。
しかし、近年の家畜の放牧中止や、蒸気機関車の廃止で野火の発生がなくなったため、昭和50年頃から、ナガハグサなど繁殖力の強い外来植物が目立ち始め、植生が変化。問題となりました。
そのため、昭和57年(1982)年から再生のための取り組みがスタート。5年間、実験的に軽度の火入れと農耕馬の放牧を試行し、エゾキスゲ群落の復活など植生の回復が認められました。
小清水原生花園では、現在も海岸草原の維持のため、さまざまな取り組みが行われています。