ホーム >  濤沸湖のご紹介 > 野鳥の楽園 濤沸湖にようこそ

濤沸湖のご紹介

野鳥の楽園 濤沸湖にようこそ~斜里岳を望むオホーツク海沿岸にある濤沸湖。

濤沸(とうふつ)はアイヌ語のトプッ(to-put)で、湖の口のことを意味します。

濤沸湖は、川の水と海の水が入り混じり、湖水には海からの栄養も加わるので、生き物にとって豊かな環境となっています。

夏は、濤沸湖周辺に広がる湿性草原にヒオウギアヤメが咲き、砂丘の小清水原生花園とは違ったお花畑が見られます。湖のほとりには牛や馬が放牧され、のんびりと草を食むのどかな情景が広がります。

厳しい冬の前には、南へ渡るオオハクチョウやさまざまなカモなど50種類を超える渡り鳥がここに立ち寄り羽を休めます。

四季を通じて250種ほどの野鳥が見られる、まさに野鳥の楽園です。

濤沸湖がわかる10のキーワード

大地の営み、人々の暮らし、そこに生きる野生生物。

太古の昔から現在まで、濤沸湖では、オホーツクの自然と生き物たちが多くの物語を生み出してきました。

現在、濤沸湖の海岸側には、自然の花園で知られる小清水原生花園が広がり、湖の背後には斜里岳や知床連山を一望する事ができます。

このような美しい特性が評価され、濤沸湖一帯は北海道を代表する景勝地として知られるようになり、網走湖、能取湖、サロマ湖などとともに網走国定公園に指定されています。

人間を含めた多くの生物とともにある濤沸湖。

濤沸湖に関わる10のキーワードから、濤沸湖の「これまで」と「今」を見ていきましょう。

 

生物を知れば、濤沸湖がもっとオモシロイ

濤沸湖をもっと楽しむには、濤沸湖に生きる生き物たちの特徴を知ること、濤沸湖らしい自然の様子を知ることが大切。

まずは、濤沸湖でよく見られる生物や、濤沸湖だから見られる生物は何か、それはどんな生物なのかに着目して観察をスタートしましょう。