ホーム > 2014年8月の記事一覧

濤沸湖水鳥・湿地センターからのお知らせ

2014年8月の記事一覧

 

湿地の植物観察会実施しました

管理者(2014年08月24日)|カテゴリ:調査・報告

8月23日(土)、市立郷土博物館友の会顧問(濤沸資料館館長) 山田訓二さん、網走市立郷土博物館友の会会長 小森一成さんを講師にお招きし、濤沸湖の湿地環境を理解するため、「湿地の植物観察会」を開催し、市内の方を中心に14名の方々が参加しました。

 

センター脇の水路では、ガマ、クサヨシ、エゾミソハギなどを観察しました。「茶色くなってガマは実の状態で、花は緑色。おしべとめしべが上下別々についている」、「クサヨシは葉がヨシににていることが由来」などの解説を頂きながら、実際に触ってみたり、虫眼鏡で観察しました。

20140824-1.jpg20140824-2.jpg

普段は入ることのない、ポニーが放牧されている湿地(初夏はヒオウギアヤメが美しい)の中へ入りました。 ポニーたちも観察に興味があったのか?近寄っていくる場面もありました。たてがみについた種を発見し、植物はこのように動物などを使い、移動していることを実際に見て知る機会となりました。

 

20140824-3.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像20140824-4.jpg

 湿地の中にひっそりと咲く小さな植物は、虫眼鏡を使い観察。

 20140824-5.jpg

講師の方から「昔はヤチマナコがあり、この辺の湿地では春先になると馬が何頭も沈んだものだ」と昔の湿地の様子などを教えて頂きました。

  この日観察できた植物は、ウメバチソウ、エゾナミキソウ、エゾミソハギ、オグルマ、クサレダマ、クロバナロウゲ、サワギキョウ、シロネ、ヒメシダ、フトイ、ホソバノシバナ、ホソバハマアカザ、ミズオトギリ、ミゾソバ、ヤマアワなど約40種類でした。

 

観察終了後、まとめの時間では「ヨシはアシとも呼ばれているが、アシは『悪し』に通じることからヨシと言われるようになった。標準和名はヨシとなっている。本州よりも背丈が高いためキタヨシとも呼ばれた」ことや、「植物などの生き物は昔の図鑑と今の図鑑で呼び方が違うことがある。図鑑も複数、できれば何冊も使ったほうがよい」と観察する際のアドバイスをいただきました。

お天気が心配される中での開催となりましたが、講師の先生始め参加者皆さんの日ごろの行いの結果、無事に外での観察を行うことができ、新たな発見ができた1日となりました。

 

 

 

 

 

 

 
 

湿地の植物観察会 開催のお知らせ※終了しました

管理者(2014年08月16日)|カテゴリ:観察会

湿地の植物観察会

平成26年8月23日(土) 9時30分~11時30分 (雨天時は10時30分終了)


濤沸湖水鳥・湿地センター周辺はヒオウギアヤメの群生地です。

ヒオウギアヤメの咲いた後にも多くの植物が咲いています。

網走市立郷土博物館友の会顧問(濤沸資料館長)の山田さん、網走市立郷土博物館

友の会会長の小森さんに解説をいただきながら観察します。

 

観察会では濤沸湖水鳥・湿地センター横のヒオウギアヤメの群生地に入り、

サワギキョウ、エゾミソハギ、ウメバチソウなど、湿地に咲く植物を間近で観察し、

湿地への関心を深めます。

 

IMG_2265.JPG

お申込み、お問い合わせ等、詳細はチラシ(PDF)をご参照ください。

湿地の植物観察会チラシ.pdf

 

 

 

 

平成26年8月23日(土) 9時30分~11時30分
雨天時 10時30分終了

 

 
 

とうふつ自然観察&ちぎり絵 実施しました

管理者(2014年08月14日)|カテゴリ:イベント

8月10日(日)夏のとうふつ湖の自然を知ってもらい、観察や感じたことを絵として表現してもらうことを目的として行い、幼稚園年長~一般(7名)の方々が参加しました。

○自然観察

IMG_0012.jpg

IMG_0028.jpg

湖では、魚を狙うアオサギや、干潟を歩いて動き回るキアシシギやトウネンなどの野鳥の姿を観察。

公園では、ハマナス、クローバーを観察。ハマナスの葉を触ると、思っていたより厚いとの新発見もあり、大人たちもびっくり。そばに咲いていた、クローバのなかに、四葉や五葉を発見し、子どもたちはもっとあるかも知れない!と楽しそうに探していました。

木道からは、虫眼鏡を使い、花の形は…?と観察をしました。途中でトビが飛ぶ姿もあり、トビのちぎり絵にしようかな~と悩む子どもの姿もみられました。

屋外は花や虫が多く、子どもたちは次から次へと興味深々いろんなものをみつけ、観察をしました。

 

○ちぎり絵工作

IMG_0034.jpg

みなさん思い思いに、印象に残ったものや感じたことを、折り紙と色鉛筆を使い表現しました。

作り始めは皆さん真剣な表情で、外からの鳥の鳴き声がたくさん聞こえるほど静かに集中して行っているのがとても印象的でした。

コツをつかむと、「ここはこの色かなあ?」「この鳥はこんな場所にいるね」「ちょっと失敗しちゃった」など声が上がりました。

楽しくて、いくつも作品を完成させる子どもの姿もありました。

 

○鑑賞会

P1040239.jpgIMG_0041.jpgIMG_0043.jpg

作品をラミネート加工し、作品カードにコメントを書いてお互いの作品を鑑賞。可愛らしいコメントとともに、素敵な作品が並びました。

 

 

作品.jpg

とうふつ湖で発見や驚きを体験してもらえた1日となりました。残り少ない夏休みを楽しんで下さいね。 

 

 
 

とうふつ自然観察&ちぎり絵(小学生~一般対象) ※終了しました

管理者(2014年08月01日)|カテゴリ:子ども

夏のとうふつ湖は、どんな生き物がいるか観察をしよう。新しい発見やおもしろかったことはあったかな?

観察後は、ちぎり絵を作って、夏の思い出を作ろう。作り方はとっても簡単!

自由に絵を書いてもよし!用意された下絵を使ってもよし!はがきサイズの用紙に折り紙をちぎって

貼り、完成させていきます。たくさんの参加待っています!

 

【完成イメージ】 

DSCN1539.jpg

DSCN1542.jpg

 

○日   時  8月10日(日)9:30~12:00

○対   象  小学生~一般(小学3年生以下は保護者同伴)

        ※小学生未満も保護者同伴で参加可能

○持 ち 物  色鉛筆、のり、飲み物、タオル、帽子

○定   員  15名(定員になり次第締め切り)

○締   切  8月5日(火)

○申込 方法  締め切り日までに①氏名②年齢③住所④電話番号⑤保護者氏名を  

        濤沸湖水鳥・湿地センター(電話/FAX 0152-46-2400)までお知らせください

         ※電話受付時間:火曜日~日曜日9:00~17:00(月曜が祝日の場合は翌平日休館)

 

 

月別アーカイブ