ホーム >  濤沸湖エコツーリズム推進協議会とは

濤沸湖エコツーリズム推進協議会

 

1.濤沸湖エコツーリズム推進協議会とは?

 

濤沸湖の希有ですばらしい自然資源を持続可能なかたちで保全と利用(ワイズユース)を行い、地域の宝として後世に引き継ぐことができるよう、濤沸湖におけるエコツーリズム事業を推進していくことを目的とした協議会で、次の事業を行います。

(1)濤沸湖におけるエコツーリズムの推進及び普及啓発

(2)「濤沸湖 保全と利用のためのルール」の運用管理及び普及啓発

(3)濤沸湖認定ガイドの認定及び取消

 

【協議会事務局】

網走市、小清水町が事務局を担当します。

網走市

濤沸湖水鳥・湿地センター(市民部生活環境課)
〒099-3112 網走市字北浜203番3地
先TEL/FAX:(0152)46-2400

小清水町

産業課
〒099-3698 小清水町字小清水217番地の1
TEL:(0152)62-4481  FAX:(0152)62-4198

 

2.「濤沸湖 保全と利用のためのルール」

 

濤沸湖は観光ポテンシャルの高い地域であるため、今後、自然の営みを無視した利用が多くなると、自然環境は劣化し、濤沸湖の魅力は低下してしまいます。このすばらしい自然環境を未来に残すためには、持続可能な利用を行っていくための濤沸湖にあったルールが必要です。

そのような背景から、周辺に住む地域の方々からも意見をいただき、濤沸湖に関わる様々な分野の方々と議論を重ね、「濤沸湖 保全と利用のためのルール」としてまとめました。

「濤沸湖 保全と利用のためのルール」冊子版(PDF16頁、2.8MB)

「濤沸湖 保全と利用のためのルール」概要版パンフレット(PDF2項、274KB)